留学準備

フィリピン留学の際のおすすめの持ち物として、メジャーなものはこちらのブログでも他のサイトにもありますが、他では紹介されないようなマイナーなアイテムだけど現地で重宝するというアイテムを今回はご紹介します!

1.洗濯ロープ

大体の学校で洗濯は学校スタッフが行ってくれますが、下着などは自分で洗いたいという方も多いです。その場合は部屋内には干場はありませんので、この洗濯ロープが役に立ちます。洗濯ばさみもついでに5-6個持っていく事をおすすめします。

2.日本のお菓子

ちょっと小腹がすいた時に食べるのはもちろん、先生と仲良くなるのにも使えるアイテムです。また、学校スタッフにお土産で持っていくと非常に喜ばれて、早々と良い関係を作ったりもできます。もちろん、必須ではないのですが、逆にこういう心遣いでより快適に楽しい留学ライフを送ることもできます。

高価なものは必要ありません。フィリピンにいる日本人にとってはコンビニで買えるお菓子類で十分嬉しいお土産になります。写真はハッピーターンですが、ブラックサンダーなどのチョコ系のお菓子も人気です(笑)

3.タンブラー

フィリピンは水道水は飲めないので、学校に設置されているウォーターディスペンサーの水を利用します。

しかし、基本的に学校にはコップは備えつけらえていません。現地でマグカップなどを購入することもできますが、タンブラーがあると教室にも持っていけますし、保温機能があるものですと冷たいドリンクがいつでも飲めるので便利ですね。

ちなみにタンブラーは現地のスタバなどでも売っていますが日本より高いことが多いです。

4.耳栓


これは意外なのですが、フィリピンはどこの学校に行っても近所で鶏が朝晩関係なく鳴いていたり、カエルの鳴き声が聞こえてくる、目の前の道路の車の音がうるさいなど騒音問題が少なからずあることが多く、熟睡ができないという声をよくききます。

また、自習する際に周りの音が気になるという方も多いので、音に敏感な方は是非耳栓をもっていくことをおすすめします。フィリピンでも売っていることもあるのですが、質があまりよくなく、日本で購入したものの方が圧倒的に効果が高いです。

5.アリの巣コロリ


フィリピンでは綺麗なビルにでもアリが入ってくること普通です。お菓子の食べかすが床に落ちていればすぐにアリがたかりますし、窓やドアの隙間からアリが入ってくることも多くあります。

実害は殆どないのですが、虫が苦手という方はアリの巣コロリを部屋に設置することをおすすめします。これがあるとアリの侵入を一定期間防ぐことができます。

上記のアイテムはどれもかさばらないですし、高いものではありませんので気になったアイテムは是非持っていきましょう。

留学準備

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介