3つ星★★★☆☆

コピー・ルアークというコーヒーをご存じでしょうか。

コーヒー豆を食べたジャコウネコの糞から採取したコーヒー豆で入れたコーヒーで、希少価値が高く世界で最も高いコーヒーともいわれています。
英語ではCivet Coffeeとも呼ばれており、なんとそのコーヒーが飲めるカフェがセブにあります。

お店の場所はITパークにあり、そのお店の名前はそのままの「Civet Coffee」です。
地図はこちら。

civet-cofee

店内はシンプルにおしゃれな雰囲気となっています。

civet-cofee

落ち着いた雰囲気のためかいつも結構お客さんがいます。

店内ではパソコンをいじっている人が多いのですが、こちらはセブでは珍しくフリーWi-Fiの設置がありません。

civet-cofee

大型のサイフォンなど本格的なカフェアイテムが並んでいます。最近はセブでも本格的なコーヒーがおいしく飲めるカフェが増えてきました。
コーヒー好きの方はカフェ巡りなどを趣味にしている人も出てきたので、数年前からすると一気に環境が変わったなあと感じます。

civet-cofee

ケーキ類も少し置いているので、小腹が空いたときにも使えます。

civet-cofee

そしてコーヒーの種類がまた結構あって、迷ってしまいます(笑)

値段はというと、あれ?世界で最も高価なCivet Coffeeを使っている割には全然高くないです。スターバックスと殆ど変わらないお値段。

なんとお得な!!

civet-cofee

と思ったら、メニューの一番横に「30% of Civet」の文字が!

30%のみCivetコーヒーがブレンドされているコーヒーのお値段なんと1杯590ペソ(約1,475円)!!
50%と100%はスタッフの人に確認してね!とのこと。

さすがは世界最高級のコーヒー、お値段が半端ないです!

civet-cofee

一緒に行った友達とこのCivet Coffeeに挑戦するかどうか相談したのですが、「そもそも30%ではCivet Coffeeの風味などがしっかり感じることはできないだろうし、かと言って100%を頼めば、おそらく4,000円位はかかるだろう。ならば4,000円でおいしい食事をした方が良いだろう。」
という結論になり、普通のコーヒーをオーダー(笑)

アイスブラックコーヒー:120ペソ(約300円)、キャラメルマキアート:155ペソ(約387円)

こちらは、普通のコーヒー豆ですが、味は結構おいしく、レベルは高いですね。このレベルのコーヒーが気軽に飲めるようになったのはうれしい限り。

Civet Coffeeのまとめ

お店の雰囲気は非常に良く、コーヒーの味もおいしいのでちょこちょこ通っています。スタンプカードもあって15杯飲むと1杯サービスとなりお得です(ちなみにセブにはあまりスタンプカードはありません)。

お店の名前がCivet Coffeeなので全てのコーヒーにCivet Coffeeが使われているのかと思いましたが、そんな甘くはなかったです(笑)僕はそこまでコーヒー豆の違いがわからないので、おそらくCivet Coffeeを飲んでも「こんなものか」程度しかわからないと思うので、ぜひコーヒー好きの人に挑戦していただきたいです。

日本で飲むよりは安いとのことなので、ぜひセブ留学した際には!

予算は130ペソ(約325円)~

3つ星★★★☆☆,セブのおすすめレストラン

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介