留学準備

日本では仕事が終わった後に英会話学校へ行くという社会人の方も多く、学校の数も多くあります。

実はセブにも多くの日系の会社があり、たくさんの日本人の方が生活されています。そして、意外な事に仕事で使う英語力不足を感じている方が多く、終業後や週末に英語学校に通いたいという方も結構います。

セブ留学は現在非常に人気が高まっており、多くの英語学校があるのですが、夜間や週末だけの受け入れを行っている学校は殆どありません。

しかし、やはり何とかセブで仕事をしながら英語学校に通いたいというニーズが増えてきましたので、今回は夜間や週末だけでも通える学校をご紹介いたします。

夜間・週末コースを開講しているのはTARGET

この夜間・週末コースを開講しているのはセブの人気日系学校TARGETという学校になります。

夜間コース

セブ市内中心にキャンパスを構えており、アクセスも便利な学校です。

現地に住まれている方限定コース

夜間・週末コースは既に現地に滞在している方の限定コースとなり、学校の内部寮には宿泊はできません。

駐在員の方やその奥様など向けのコースとなっています。また、ご希望の場合は昼間の受講も可能です(時間数についてはご相談頂けます)。

授業は全てマンツーマン授業

夜間・週末コースは授業は全てマンツーマン授業となりますので、徹底的に自分のペースで勉強したい分野を勉強することができます。

スケジュールはフレキシブルに対応可能

平日夜間は19時~21時、土日は10時~17時の間で設定することができます(1週間毎にFIX)。

月・水・金など曜日も選択可能となっていますが、英語力を伸ばすという事にフォーカスされる場合は週5日は通われると効果を早く実感することができます。

授業スタート前に無料のレベルチェックテストを受験する形となります。

費用詳細

費用はの詳細は下記の通りとなります。

入学金$130
授業料500ペソ/時間
教材費約500ペソ/4週間(利用した分の実費)

※支払いは現地で学校に直接ペソ払い(レートはその日の銀行レート)となります。

費用のモデルプランはこちら

人気のあるプランは下記にプランとなります。
【期間】
12週(3カ月)

【授業時間】
平日:4日×2時間
週末:1日×2時間
合計:10時間/週

入学金$130
授業料500ペソ×10時間×12週=60,000ペソ
教材費 500ペソ×3カ月=約1,500ペソ
 ——–—————————————

 合計

$130+61,500ペソ

$1=120円、1ペソ=2.5円で計算すると約169,350円

ご希望の方はお気軽にご相談ください

セブ現地にお住まいの方で、夜間・週末に英語学校に通いたいという方はお気軽に「お問合わせフォーム」からご相談ください。

留学準備

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介