留学準備

フィリピン留学費用

格安で留学できるのがフィリピン・セブ留学の大きな魅力ですが、実際に留学費用は一体総額いくら位なのでしょうか?というご質問を多く頂くので、実際にかかる留学費用の総額をモデルケースを使って費用の解説をしていきます。

今回想定するケースは以下の通りです。

フィリピン留学の費用全体の構成

フィリピン留学をする際にかかる費用は主に「出発前費用」と、学校到着後に学校に直接支払う「現地支払い費用」の2つに分かれます。

  1. 出発前費用
  2. 現地支払い費用

1. 出発前費用: 130,000円

1)入学金: 15,000円

平均:15,000円

2)授業料+寮費+食費: 57,000円

学校や部屋のタイプ、コースによって大きく変わってきますが、今回モデルにしているUV ESLのGENELALコースの料金は下記のようになっており、2人部屋では57,000円になります。

  • 1人部屋:70,000円
  • 2人部屋:57,000円
  • 3人部屋:50,000円

1週~3週間の短期留学は、4週以上の留学より1週間当たりの授業料金が割高になることが多くなっています。

3)航空券: 55,000円

利用する航空会社、ルート、時期などにもよりますが、日本⇔セブ/マニラであれば往復(税込)で平均50,000円~70,000円程度。

4)海外旅行保険: 3000円

AIUや東京海上など一般の保険会社のものであれば約3,000円/週が目安。もちろん、カバー範囲でも異なります。

また、クレジットカード付帯の海外旅行保険も利用可能で、その場合は3ヶ月以内の留学であれば無料。ただし、クレジットカード付帯保険は利用条件などがある場合があるので、出発前に該当するカード会社に確認を行ってください。

2. 現地支払い費用: 29,750円

5)SSP: 15,000円

フィリピン留学は基本的に観光ビザで参加することになります。観光ビザだけでは就学が認められていないのでSSPと呼ばれる「就学許可書」をフィリピン政府に申請する必要があります。こちらの申請は学校スタッフが代行してくれます。有効期限は6ヶ月。

費用は約6,000ペソ(約15,000円)

6)電気代: 750円

1人部屋:400ペソ(約1,000円)

2人部屋:300ペソ(約750円)

3人部屋:200ペソ(約500円)

7)テキスト代: 2,500円

1週間の留学のテキスト代は1,000ペソとなります。

8)管理費: 750円

学校の設備の管理費など1週間250ペソ。

9)ID代: 750円

学校の発行の身分証明書。

10)交際費やその他現地生活費など: 10,000円

個人差がかなりあるので平均を出すのが難しいですが、フィリピンの語学学校は基本的に全寮制で、食事、掃除、洗濯も費用に含まれ、交通費も不要です。

1週間の滞在中に1・2回友達と外食する、というレベルであれば、5,000円程度あれば十分です。

一方、旅行やゴルフ、スキューバーダイビングなど、アクティビティーも積極的にやりたいという方は、20,000円程度準備するといいでしょう。

今回は中間を取って10,000円とします。

1週間留学の費用総額: 159,750円

上記のものを合計した、フィリピン留学1週間の費用総額は159,750円となります。

費用を抑えるために3人部屋、旅行保険なし(クレジットカード付帯保険利用)、交際費半額に変更したエコノミープランでは144,500円となります。

詳細を整理すると下記のようになります。

★エコノミープラン★スタンダードプラン
入学金15,000円15,000円
授業料+寮費+食費50,000円57,000円
航空券55,000円55,000円
保険0円3,000円
SSP約15,000円約15,000円
電気代約500円約750円
管理費約750円約750円
テキスト代約2,500円約2,500円
ID約750円約750円
交際費5,000円10,000円
合計約144,500円約159,750円

MTSCでは個別のご希望に合わせた留学費用のお見積もりも無料で行っていますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください

また、無料のフィリピン留学説明会も開催していますので、お気軽にご参加ください。

フィリピン留学は1週間でも効果があります

1週間の留学は果たして意味があるのかな?と疑問をお持ちの方も多いと思います。

しかし、フィリピン留学の授業はマンツーマンを主体とする1日8時間の超集中授業ですので、1週間でも約35時間の授業を受講することも可能です。

欧米留学はフルタイムコースでも平均して1日4時間のグループ授業で、時間数だけでも倍以上、しかもその多くがマンツーマン授業なので授業の密度が圧倒的に高くなります。

マンツーマン授業は欧米のグループ授業と比べて授業中に話す量が20倍~30倍と言われており、特にスピーキング・リスニングスキルを上げる事に適しています。1週間の留学でも英語力の伸びをより実感でき、お金だけはなく時間も大幅に節約できます。

1週間の超短期フィリピン留学が有効な理由をまとめているので下記のページもご覧ください。

超短期でもフィリピン留学が有効な5つの理由!

留学準備

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介