女子大生Ayaのフィリピン留学ブログ

こんにちは!!

フィリピンのお菓子についてきたキットでミニオンを作ったAyaです。
セブでカラオケ

今回は、フィリピンのカラオケについて紹介したいと思います(^^)

実はフィリピン・セブにもカラオケ屋さんは沢山あり、日本の歌も歌えるんです!

私が先日行ってきたのは私の通っている学校TARGETから徒歩7-8分の所にあるBTC(Banilad Town Center)というショッピングセンター内にあるカラオケ屋さん!

地図はこちらです。

お店はショッピングセンターの2階にあり、エントランスはガラス張りになっています。
ちなみにフィリピンではカラオケ屋さんのことをKTVと呼びます(なぜKTVかというのは諸説あります)。

そして通常KTVだけですと女性が付く男性用のカラオケ屋さんを指します。日本で言うカラオケ屋さんはファミリーKTV(ファミリーカラオケ)と言いますのでお間違いなく(笑)
セブでカラオケ

フィリピンと日本のカラオケの大きな違いは、料金設定。
日本では料金は1人あたりの設定かと思いますが、フィリピンは1部屋あたりの料金設定となります。

セブでカラオケ

部屋の大きさによってグレードと料金が変わってきます。

各グレードは最大人数で決まります。ですので、最大人数に近い人数でいけば行くほど1人あたりは安くなるというわけです!
例えば、1番小さい最大人数8人の部屋の料金は下記の通り。
日~木 :99ペソ(約247円)/時間
金・土 :149ペソ(約372円)/時間

これを人数で割るからめちゃくちゃ安くないですか?笑
週末でも8人で行けば1人当たりの料金は1時間19ペソ(約47円)!

ちなみに、飲食物の持ち込みは基本禁止されていて、持ち込む場合は別途料金がかかるので注意してください!

また、曲は洋楽、フィリピン、日本、韓国、中国から選べるので、国籍の違う友達やフィリピン人の先生と行くのも◎

日本の曲は最近の曲はないものの、ひと昔前にヒットした曲などはPV付きで楽しめることもあります!

セブでカラオケ

曲数は日本に比べると少ないですが、皆でワイワイ充分楽しめました!

セブでカラオケ

フィリピン留学は平日は勉強漬けになってかなり疲れますので、週末などにお友達を誘ってリフレッシュにカラオケに行くのはいかがでしょうか?

きっと楽しめると思います!

Aya

女子大生Ayaのフィリピン留学ブログ

この記事を書いた人

Aya

Aya

セブとフィリピン人と楽しいことが大好きな22才‼ただいま大学を休学中。インターンシップで半年間セブの韓国系語学学校で唯一の日本人スタッフとして働いた経験有り。インターンシップ修了後はTOEICスコアアップのために、セブの日系語学学校TARGETに入学。学生目線のフィリピン留学、そしてセブでの楽しみ方をありのままにリポートします。私のブログが皆さんのフィリピン留学を少しでもよりステキで貴重な経験にするお役に立てば嬉しいです♡