女子大生Ayaのフィリピン留学ブログ

こんにちは。Ayaです。

今日も前回に引き続きフィリピンの物価について紹介します。

フィリピン留学に来たら、もちろんフィリピンでの生活となります。
学生さんが最初のショッピングで購入する事になる生活必需品の物価調査を近所のスーパーでしてきました!
フィリピンの物価調査

ちなみに、前回までの生鮮食品編、お菓子・飲み物編はこちら↓
【フィリピンの物価は日本と比べてどう?地元スーパーで物価調査してみた!〜生鮮食品編〜】
【フィリピンの物価は日本と比べてどう?地元スーパーで物価調査してみた!〜飲み物・お菓子編〜】

まずは、必ず購入することになるアイテム「トイレットペーパー」。24個入り183ペソ(約457円)。1個単位で買うことも可能です。ちなみに、フィリピンのトイレットペーパーは大きさは日本と変わらず、また2枚重ねですが巻きが弱いのか使い終わるのが早いです。笑
フィリピンの物価調査

ちなみに、日本と同じぐらいの量が巻かれてるであろうジャイアントサイズを最近発見してこちらオススメです!4個入り50ペソ(約125円)
フィリピンの物価調査

箱入りティッシュペーパー1箱56ペソ(約140円)。日本と比べると高いかも。
フィリピンの物価調査

日本でもおなじみみのDoveのシャンプー・リンス・ボディーソープ各種206ペソ(約515円)
パンテーンなども輸入品はだいたい200ペソ(約500円)前後で購入可能です。
フィリピンの物価調査

またフィリピン人がよく使ってる印象のあるPalmoliveはシャンプーリンスのオールインワンで89ペソ(約222円)。このシリーズはつい”なんのシャンプー使ってるの?”と聞きたくなるぐらい香りがいいですっ。
フィリピンの物価調査

個人的に女の子のお土産にオススメなのがこちらの固形石けん1個37ペソ(約92円)。パパイヤとカラマンシーの石けんで肌が白くなると言われていて香りもいい感じです!
フィリピンの物価調査

生理用品8個入り32ペソ(約80円)。
香りのついた種類のものもあったり、割と日本みたいに用途に合わせて選べることに最初驚きました!
フィリピンの物価調査
ちなみにですが、女の子の日にビーチに行くときの味方タンポンはフィリピンで見かけたことがないので日本から持参することを個人的にはオススメします^^

せっかくのフィリピン留学。友達と海に行くのに泳げない!なんて悲しい思いをしないために!!!

以上、生活必需品いかがでしたか?
3回にわたり紹介した物価調査も今回で完結です。

個人的な感想としては、日常必要になるものは大体フィリピンで購入可能です。
もちろん輸入品になってくると、多少日本より高くもなりますが荷物をたくさん持ってくるのは大変なので、フィリピン現地で購入できるものは特に日本から持ってこなくても良いかなと思います。

Aya

女子大生Ayaのフィリピン留学ブログ

この記事を書いた人

Aya

Aya

セブとフィリピン人と楽しいことが大好きな22才‼ただいま大学を休学中。インターンシップで半年間セブの韓国系語学学校で唯一の日本人スタッフとして働いた経験有り。インターンシップ修了後はTOEICスコアアップのために、セブの日系語学学校TARGETに入学。学生目線のフィリピン留学、そしてセブでの楽しみ方をありのままにリポートします。私のブログが皆さんのフィリピン留学を少しでもよりステキで貴重な経験にするお役に立てば嬉しいです♡