4つ星★★★★☆

セブの老舗日本居酒屋「呑ん気」が鉄板焼き屋をオープンしたとのことで早速行ってきました。

鉄板焼きは海外ではとても日本食の代表例とされるくらい浸透しています。オーストラリア時代もたまーに行く事もありましたが、値段が高いので行くのには覚悟が必要でした。しかし、セブではお手頃価格で楽しめますのでセブ留学の際には是非足を運んでもらいたいです。

場所はA.S FortunaストリートにあるJ-Centerというショッピングセンター内の2階です。
地図はこちら。

壁には大きな「呑ん気 鉄板焼」の文字が。存在感があります。

呑ん気 鉄板焼

こちらがエントランス。かわいいのれんが目を引きます。

呑ん気 鉄板焼

店内は広々として高級感があります。

呑ん気 鉄板焼

メニューを見てみましょう。まずはお刺身ゾーン。

呑ん気 鉄板焼

もちろん、握りずしもあります。どれも美味しそうです。

呑ん気 鉄板焼

こちらがメインの鉄板焼きコース。今回は体の事を考えてヘルシーな(?)チキンをチョイス。

呑ん気 鉄板焼

焼き鳥などもあります。

呑ん気 鉄板焼

まずはサラダとお味噌汁が運ばれてきました。お味噌汁は濃すぎず、薄すぎず丁度いい濃さでした。

呑ん気 鉄板焼

そして、目の前の鉄板に本日の担当シェフが登場。名前は「マッコイ君」はにかみ笑顔が素敵です。

呑ん気 鉄板焼

早速鉄板焼きならではのパフォーマンスを披露してくれました。ヘラ(?)をクルクル器用に回します。

呑ん気 鉄板焼

見事な手さばきでチキンを焼き上げていきます。焼いている間もお皿を投げて後ろ手でキャッチするなど楽しませてくれます。

呑ん気 鉄板焼

そして完成したチキン。甘いソースで仕上がっています。量はさほどありませんが、セットメニューなので丁度良い量でした。

呑ん気 鉄板焼

お刺身が運ばれてきました。肉厚に切られていて、特にサーモンは歯ごたえも楽しめる一品で鮮度も良かったです。

呑ん気 鉄板焼

天ぷら盛り合わせ。もちろんエビのてんぷらも入っています。手前はナスの天ぷらで美味しかったです。

呑ん気 鉄板焼

握りずしも3カンついてきます。しかもウニが入っています。お得感があります。

呑ん気 鉄板焼

マッコイ君が野菜炒めを作り始めました。華麗な手さばきです。

呑ん気 鉄板焼

ん?何やら野菜を中央に集め出しました。

呑ん気 鉄板焼

そして、ソースを使って「I  U (I love you)」の文字を(笑)。 こんな小ネタもちょいちょい挟んでくれます。今回もセブ食い倒れ部のBrilliant Cebuの河合さんと一緒に行ったのですが、なぜかカップルだと思われていたようです(笑)

僕達カップルじゃないよー!と言ったら店内から爆笑が。この辺りは流石ノリが良いセブです。僕達もマッコイ君の技が決まるたびに「マッコーイ!」と叫んでいたら奥の厨房からも「One More!!(もう1回やってあげて!)」という声が響くなどかなり盛り上がりました。かなり楽しいです。

呑ん気 鉄板焼

そして、こちらが出来た野菜炒めです。もやしのシャキシャキ感が美味しいですね。

呑ん気 鉄板焼

 

マッコイ君、お次はチャーハンに取り掛かります。玉子をヘラの上で上手にバウンドさせます。

呑ん気 鉄板焼

まるで卓球のボールを操るかのような見事なパフォーマンス!もちろん、僕達も「よっ!マッコーイ!!」と掛け声をかけます。場は盛り上がりいつもより多めに技を披露してくれます(笑)

呑ん気 鉄板焼

チャーハンの具材で作ったヤシの木!いろいろな小ネタを持っています!

呑ん気 鉄板焼

そして出来たチャーハンはこちら。個人的にはパラパラチャーハンが好きですが、しっとり系のチャーハンでした。でも、しっかり味付けはされています!

呑ん気 鉄板焼

そして最後はデザートで〆ます。どれも甘くておいしいフィニッシュです。

呑ん気 鉄板焼

午後4時までであればランチ鉄板焼きもありお得です!

呑ん気 鉄板焼

呑ん気 鉄板焼の感想

鉄板焼きの醍醐味のパフォーマンスをしっかり楽しめます。パフォーマンスはお客さんの盛り上がりで結構変わるようです。隣のテーブルのお客さんは静かに黙々と食べるタイプだったのでパフォーマンスはあまり行われていませんでした。

僕達のテーブルは河合さんと2人で掛け声をかけまくっていたのでかなり盛り上がり他のスタッフさんも巻き込んで盛り上がったのでかなり楽しかったので、是非行かれる際は掛け声などをかけて盛り上がる事をおすすめします。

また、鉄板焼きコースは全体でかなりのボリュームになるので男性でもセットだけでかなりおなか一杯になります。

是非セブ留学中1度は行かれることをおすすめします。

Wi-Fiは完備されていますが、僕達が利用した時は使えませんでした。

予算は700ペソ~1,000ペソ(約1,750円~2,500ペソ)

4つ星★★★★☆,セブのおすすめレストラン

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介