フィリピンネタ

フィリピン留学中に伸びた英語力を試したり、楽しみながら欧米ネイティブ英語に触れる為におすすめなのが「映画」です。

映画はフィリピン・セブでも地元の人の娯楽として非常に人気のあります。

今回はBrilliant Cebuの校長先生の河合さんと一緒にセブのアヤラショッピングセンターの映画館に行ってきました。

映画館は3階のフードコートの脇にあります。日曜日ということもありかなり混雑していました。

movie-theater

映画の値段は日本とは違い作品ごとに違います。大体200ペソ~250ペソ(500円~625円)となるので、日本の1/3位で見る事が出来るのでとっても安いですね。

PGとかGというのは年齢制限ですね。子供向き、誰でもOK、16才、18才以上限定など作品ごとに区切りがあります。

movie-theater

今回は今話題の「ターミネーター ジェネシス」をチョイス。そして、今回は3Dタイプのようです。

movie-theater

カウンターで作品を伝えると席を選ぶ事ができます。この方法であれば席を指定できるので、始まるまでショッピングなど楽しむことができます。

movie-theater

チケットを買うとお得なクーポンをくれました。フラペチーノを1個買うと1個フリーというチケットのようです。丁度のどが渇いていたので購入しようとして、フードコートを探し回るもこのお店がない・・・・

どんなに探してもないので、警備員さんに訊くと「1階にあるよ」とのこと・・・ここ3階なんですが。。。流石です(笑)

movie-theater

どうしてもGETしたのでこのSEATTLE’sBest Cofeeを探しに行き無事に1階で発見!

movie-theater

無事にGETできました!しかもLargeサイズもOKとのことでお得感があります。

movie-theater

その後映画館に戻り、「ターミネーター」を鑑賞。3Dタイプだったので専門のメガネ(貸出)をかけての鑑賞。これはメガネをかけている上からも無理なく装着可能です。視界が物凄い狭くなる代物なので逆に映画に集中できます。

movie-theater

もちろん、映画に字幕はありません。この辺りはやはりフィリピンは英語圏なんだなあと改めて感じますね。

ハリウッドの話題作はだいたい見る事ができますので、是非フィリピン・セブ留学中は映画館にいって楽しみながら英語力を鍛えましょう。

格安で観ることができますので、気軽に沢山の作品を観る事をおすすめします。

フィリピンネタ

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介