3つ星★★★☆☆

Park Mallの裏にあるセブの富裕層の若者や留学ににも人気のCity Time Squareの一画にある「Cafe de Folle」へ行ってきました。
地図はこちら。

このエリアは週末ともなるとかなりの人が集まり騒がしいエリアにもなりますが、ここはいつも静かな時間が流れているとのことです。エントランスはシンプルにおしゃれな作りです。

Cafe de Folle

店内は洗練された雰囲気になっています。祝日の前日の夕食時に行ったのですが、店内はかなりひっそりとしていて騒がしい場所より静かな場所が好みとの僕としては嬉しいところ。ただ、祝日前にここまでお客さんが入らないレストランということで逆に心配に。。。

Cafe de Folle

メニューを見てみましょう。まずはパスタ&サラダゾーン。ここのトリフュパスタがおすすめとのことでオーダーしました。

こちらのお店は元々はフレンチとしてオープンしてその後イタリアンに路線を変更し、今はステーキハウスになっているという数奇な運命のレストランでメニューを見てもどこの料理屋さんなのかが判断しにくい所があります。

Cafe de Folle

こちらはスープゾーン。先日の「German Haus」で食べたオニオンスープもありました。今回はちょっと濃厚そうなチキンスープをオーダー。

Cafe de Folle

ステーキハウスっぽくなってきたお肉ゾーン。セブではかなり強気の料金設定になっています。確かにこの値段ですとなかなか人を集めるのは難しいかなとも思います。

Cafe de Folle

ステーキハウスということで、ポークステーキをオーダー。

Cafe de Folle

こちらは、その名もポテトサラダ。日本のポテトサラダのようにマッシュされておらず、ゴロゴロポテトです。ややソルティーなソースがかかっていて、個人的には好きなテイストで美味しかったです。プレゼンテーションも良いですね。225ペソ(約562円)

Cafe-de-Folle6

チキンスープ。濃厚な味を期待していたのですが、結構あっさりした味でした。量は2-3人前あります。225ペソ(約562円)

Cafe de Folle

トリフュパスタ。クリームベースの僕の好きなテイストです。トリフュ感(?)はあまり無かったですがチキンとソースの相性もいい感じでおすすめです。275ペソ(約687円)

Cafe de Folle

ポークステーキ。ボリュームはたっぷりあります。ソースの味がやや単調でこのボリュームでは途中で飽きるかも。複数人でシェアのがおすすめ。

Cafe de Folle

Cafe de Folleの感想

騒がしいエリアにありながら静かな環境で食事ができるのはポイント高いです。お店の雰囲気も良く、味も全体的に整っています。

ただ、料金が結構高めに設定されている(消費税12%も外税)のでコストパフォーマンスはそれほど高くはありません。

Wi-Fiは完備(電波は弱かったです)。

予算は500ペソ~800ペソ(約1,250円~2,000円)

3つ星★★★☆☆,セブのおすすめレストラン

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介