フィリピンネタ

海外旅行と言えばお土産はつきものです。フィリピン留学の際も帰国時に日本の家族や友達にお土産を買っていく方が殆どかと思います。

でも、フィリピンのお土産ってどんなものがあるのかいまいち分からないという方が多いのではないでしょうか。
フィリピンにも南国風の置物や工芸品のお土産もたくさんありますが、プレゼントする相手は限定されます。
そして、値段も1つ数千円はするので費用も多くかかってしまいます。

やはり気楽にフィリピン行ってきたよ!という感じで多くの人に配りたいというお土産のニーズが高いと思います。

スーパーマーケットにはおすすめのお土産がたくさん!

多くの人に配るお土産はもちろん空港にも売っていますが、値段が高く種類も限られます。

そこでおすすめなのがスーパーマーケット!

僕も海外旅行を趣味にしていますが、お土産は地元のスーパーで購入することも多いです。

スーパーマーケットで売っているものは生活で使えるものばかりなので喜ばれることが多いです。

今回はスーパーマーケットなどで気軽に購入できるアイテムに限定したフィリピンのおすすめのお土産トップ10をご紹介します!

1位 ドライマンゴー&ドライフルーツ

フィリピンのお土産

ドライマンゴーはフィリピンのお土産の定番中の定番となっています。日本人からも人気が高く、かさばらず沢山買って配るのにもってこいです。いろいろなブランドがあって値段も差がありますが、1袋50ペソ~100ペソ(約125円~250円)程度です。

日本では下の写真の7Dというブランドのドライマンゴーがよく売られています。こちらは他のブランドよりちょっとだけ高くなっています。それでも日本で購入するより1/2~1/3程度で購入できるので、フィリピンでの購入することをおすすめします。写真のものは200gで127.5ペソ(約318円)

ちなみに、セブには7Dの向上がありますので特にセブ留学の学生さんはセブ土産にぴったり!

フィリピンのお土産

マンゴーの他にもパイナップルなどもあります。僕も両方購入して配りましたが、マンゴーの方が甘さが強く支持する人が高かったです(笑)

フィリピンのお土産

また日本でも良く見かけるバナナチップスもあります。こちらはドライマンゴーより安く30ペソ(約75円)程度になっています。マンゴーとセットにするのも良いですね。

フィリピンのお土産

2位 オタップ(OTAP)

フィリピンのお土産

こちらは日本では馴染がありませんがフィリピンを代表するクッキー。ちょっと固いうなぎパイのような感じです。砂糖が掛かっているものと砂糖とシナモンがかかっているものがあり、個人的にはシナモンの方がおすすめ。

こちらもいろいろな友人に配りましたが好評を得ることができたお土産です。ブランドはいくつかありますが、こちらのブランドが安くしっかりした箱に入っているので個人的に気に入っています。44ペソ(約110円)

3位 パパイヤ石鹸

フィリピンのお土産

南国のフルーツの代表の1つ「パパイヤ」。そのパパイヤから作られた石鹸がフィリピンにはあります。匂いも良く、小さいくあまりかさばらないのでお土産にピッタリです。

種類はいくつかありますが、こちらがオーガニック製でちょっと他のブランドより高いですが定員さん一押し!75ペソ(約187円)

余談ですが、スーパーの定員さんが何かを積極的に売ってくることは殆どないのですが、何故かパパイヤ石鹸だけは毎回見ていると定員さんがやってきて「これが一番良いのよ。お土産にぴったりよ!」なんて勧めてきたりします。何故だろう?

4位 ココナッツオイル&ココナッツ製品

フィリピンのお土産

日本でも最近ちょっと話題になってきているというココナッツオイル。フィリピンではあちこちで目にします。

体に塗っても良いし、料理に使っても良く、体に良いオイルとしてここフィリピンでも重宝されています。

写真の小さなボトルの方で210ペソ(約525円)

こちらはココナッツオイルで作った石鹸。匂いも非常によく喜ばれること間違いなし!95ペソ(約237円)

フィリピンのお土産

こっちはココナッツのマッサージクリーム。べとつかず非常に使い心地が良いとのこと。545ペソ(約1,362円)

フィリピンのお土産

5位 カラマンシージュース

フィリピンのお土産

僕もフィリピンに来てからはまったジュースです。カンキツ系のスッキリした飲み心地で非常に美味しく、のどに良さそうです。多くのレストランでオーダーすることができます。

冷たくしても暖ためても美味しく飲むことができるのが特徴です。1缶20ペソ(約50円)程度

6位 歯磨き粉

フィリピンのお土産

これは昔僕も友人からもらって意外と嬉しかったアイテムです。日本だと完全に英語で書かれた歯磨き粉は珍しいですし、皆使いますからね。話のネタにもなるので隠れたおすすめアイテムの1つです。

もちろん、種類が多く値段もバラバラですが、大体30~120ペソ(約75円~300円)程度。

7位 インスタント パンチットカントン(PANCIT CANTON)

フィリピンのお土産

フィリピン人も大好きなフィリピン風焼きそば。1個8ペソ-9ペソ(約20円~22円)と激安ですが、意外と味はしっかりしています。作るのも楽なので1人暮らしの人の非常食としても使えます(笑)

複数パックもありますので1つだけでは寂しいという場合にはこちらをおすすめします。

フィリピンのお土産

フレーバーは5つ位あります。しかし、あまりそこまで味に大きな変化はありません(笑)逆にいうと味は安定しているので、いろいろと購入して微妙な味の変化を楽しむのもいいですね。

フィリピンのお土産

8位 ビール(サンミゲル)

フィリピンのお土産

フィリピンのビールの定番でフィリピンに来た人であれば誰しもが目にする超メジャービール。非常にさっぱりしたのど越しでビールが苦手な人でも飲めてしまいます。1缶35ペソ(約87円)程度。

サンミゲルビールにはレモンとアップルフレーバーもあります。ちょっと甘みがあり更に飲みやすいです。僕はビールが苦手なので、こちらを飲むことが多いですね。

フィリピンのお土産

アルコール度数の高いビールが好きな方にはこちら「Red House」がおすすめ。地元フィリピンの人達がのんでいるのをよく見かけます。

フィリピンのお土産

ビールはビンの方がメジャーでやや安いのですが、お土産にする場合はかさばりますし割れる事があるので缶をおすすめします。

フィリピンのお土産

また、お酒は日本に持ち込み量の制限がありますのでお土産に持って行く場合はご注意ください。

9位 バナナケチャップ

フィリピンのお土産

日本ではかなりマイナーですが、フィリピンではメジャーなバナナケチャップ。通常のトマトケチャップよりやや甘いのですがウインナーとかにつけて食べても違和感はありません。日本人の口にも合うかと思います。

バナナの味は全くしませんのでご安心を!話のネタに是非1本!14ペソ(約35円)とお値段もお手頃。

10位 マンゴー入りチョコレートフィリピンのお土産

海外のお土産といればチョコレートが定番というイメージが何となく僕にはあります(笑)

そこで、フィリピンっぽいチョコレートとしてドライマンゴー入りチョコレートがあります。プレゼント用なので少し高いですが、これも結構喜ばれる鉄板お土産になっています。500ペソ(約1,250円)

番外編

トップ10入りはしなかったのですが、ちょっと注目したいお土産もご紹介します。

タバコ

フィリピンのお土産

フィリピンではタバコが激安です。写真のマルボロも1箱55ペソ~70ペソ(約137円~175円)です。フィリピンではタバコの値段はお店によって異なります。もっと言うと同じお店でも日によって値段が微妙に変わります。理由は不明。。。

あまりに安いのでフィリピンで禁煙をしよう!という思っている人は難しいかもしれません。

また、同じブランドでも日本のものとは味が違います。銘柄もいろいろとありますので自分にあったフィリピンの煙草の銘柄を探してみるのも良いですね。

粉ジュース

フィリピンのお土産

すごく美味しい!ということではないのですが、子供の頃を思い出す粉ジュース。僕もたまに飲んだりしています(笑)

約9ペソ(約22円)非常に安いので沢山買って配るのに最適です。小さなお子さんがいるお友達などにもおすすめですね。

フレーバーはいろいろあります。

フィリピンのお土産

複数のフレーバーを購入して組み合わせてセットで渡すのも良いですね!

フィリピンのお土産

フィリピン留学の帰国の際にお土産はどうしよう。。。と迷いそうだなと思う方は是非こちらを参考にしてください。

フィリピンネタ

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介