フィリピン留学

小額紙幣

セブに移住して大きく変わったこと1つに

少額紙幣を集める癖ができた

ということがあります。

タクシーやお店でおつりがない

フィリピンの紙幣はP20、P50、P100、P500、P1,000があるのですが、P500とP1,000は使えないことがちょこちょこあります。

タクシーや小さなお店では「おつりが無い」と言われることがよくあります。

タクシーなどは営業を開始する際はおつりは自分の財布に入っている程度しかなく、お客さんを乗せている内に溜まっていくという感じが殆どです。なので、営業を開始したばかりのタクシーだとおつりが全くないということもあります(汗)

では、そういう場合はどうなるのかと言えばドライバー次第。近くのお店で何かかって崩すこともあれば、こちらがおつりをあきらめる場合もありますし、少額の場合はドライバーが諦める場合もあります。どのみち面倒なので必ず小額紙幣があることを確認してから乗ることをおすすめします。

小さな商店でもP500以上のお札は基本的に使えないといっても過言ではありません(笑)

ちょっと日本では考えられないのですが、そこは日本の常識は世界の非常識ということですね。

お店も少額紙幣・コインを集めている

そんな状態なのでお店も少額紙幣などを集めています。ですので、P500やP1,000札を出すと「もっと小さなお札やコインは持っていますか?」とかなりの確率で訊かれます。

もちろん、大型スーパーマーケットや外国人が行くようなレストランでは金額もそれなりにかかるのでP500やP1,000も問題なく使えます。ですので、大きなお札はなるべくスーパーマーケットかレストランで使い、少額紙幣を集める必要があります。

クレジットカードは使える?

クレジットカードはスーパーマーケットや外国人が行くレストラン、大型ショッピングセンターなどでは問題なく使えます。ただ、理由はよくわからないのですが、スーパーマーケットで使うと(定員さんの行う)処理が複雑でものすごい時間がかかります。急いでいる時に使うと余計時間がかかるので、現金払いをおすすめします(笑)

因みにセブではお店でカードを使ってスキミングなどの被害があったということは聞いたことがありません。僕もカードは結構使いますが経験したことがありません。

できる限りP20、P50ペソ札を集めよう

僕は学生のころからできる限り支払いはクレジットカードやプリペイドカードを利用していました。安全性も高いですし、後で明細を確認することも楽でまたプリペイドカードであればおつりをもらう必要もなく、決済が早く時間短縮にもなりますので。

しかし、ここセブではタクシーでもクレジットカードは使えませんし、そもそも少額紙幣がないと乗れないという事があり、面倒なことになります。

ですので、ショッピングセンターやスーパーなどの買い物の際にはできるだけ大きなお札を使って小額紙幣を集めています。そして、多く手に入ったときは、自宅にキープし必要な時にそこからとるような工夫をしています。

友人もみな同じようなことをしているので、慣れてくれば無意識にでもできるようになるのですが、留学生の場合は最初少し苦労するかもしれません。

是非フィリピン留学をする際にはこの点にも注意をしてください。

 

フィリピン留学

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介