フィリピン留学

フィリピン留学に期待できないポイント

フィリピン留学はここ数年マスコミで取り上げられることも多くなって人気はますます上昇しています。

短期で英語力を急激にアップさせることができる!授業はマンツーマンが主体!しかも格安で!

と確かに、非常に魅力的に宣伝されていることも多くあります。確かに、フィリピン留学がこれだけ人気になっているのは、既に欧米留学にまけないくらいの満足度があるからに違いないのですが、情報が誤って伝わってしまい、現実とは異なったイメージ・期待をしてしまっている方も増えてきました。

この勘違いが留学の満足度を下げてしまうこともありますので、今回はフィリピン留学に期待してはいけないポイントを3つご紹介します。

1.1週間の短期留学でも英語力を飛躍的に伸ばせる

フィリピン留学は1日平均8時間授業で、クラスはマンツーマン授業が主体です。スピーキングの時間も欧米のグループ授業と比べると20倍~30倍はあると言われています。

そのため、たまに1週間真面目に勉強するので英語力をぐっと上げられる学校を紹介してください!というお問合せを頂くことがあります。

しかし、どんなに集中して勉強しても1週間では総合的な英語力をぐっと上げることはできません。英語を話すことに慣れる、アウトプットに集中することで話すスピードを上げる、英語で自己紹介がしっかりできるようになるというレベルでの効果は実感してもらえますが、1週間で初級の方が中級以上になるというような魔法はフィリピン留学にもありません。

集中的に勉強することで効率よく英語力を上げることはできますが、さすがに数週間で見違えるほど英語力を伸ばすことはできません。

2.高い学校なら日本と同じレベルの生活が送れる

最近は特に日系の学校を中心にランクの高い学生寮を利用する学校が複数でてきました。

料金は高いですがホテルや高級コンドミニアムを利用しているので、生活レベルは他の学校に比べると快適性は高く、社会人やシニアの学生から高い支持を得ています。雑誌やネットでも非常に快適で日本人スタッフも常駐しているので、日本で生活しているようだという意見も見受けれます。

フィリピンは発展途上国ということをお忘れずに

しかし、やはりここフィリピンは発展途上国ですので、ものすごいお金をかけた超高級ホテルでもない限り、一見綺麗で日本と同じようにみえても、シャワーの水圧が弱かったり、エアコンが壊れたり、インターネットが安定しなかったり、近所でニワトリが鳴いて熟睡できないというような事も起こります。

各学校ともに改善を重ねてここ1-2年でも全体的にレベルアップはしていきていますが、日本と同じレベルでと考えてしまうとそのギャップに留学の満足度が下がってしまいますので、発展途上国に行くということは常に頭に入れておいてください。

3.レベルが高いビジネス英語

フィリピン留学の学校でもビジネス英語コースを開講している学校は複数あります。ただ、ここは注意が必要です。今大学生だったり、社会人であっても現在は英語を使って仕事はしておらず、将来仕事で英語を使っていきたいという場合は問題はありません。

しかし、既に英語を仕事で使っており、より実戦的なビジネス英語、より魅力的なプレゼンスキルをという形になると正直なところ対応できる学校はフィリピン留学には皆無でしょう。

ビジネス経験を持つ先生は殆どいない

なぜから、先生たちは基本的に大学卒業後は英語講師やあってもコールセンターなどの仕事以外の経験はないからです。ビジネスでの交渉、魅力的なプレゼン、複雑な契約書作成などの経験を持つ講師は皆無です。

もちろん、ごくまれに海外でのビジネス経験を持つような先生もいなくはないのですが、その先生が担当になるかはわからないですし、辞めてしまうかもしれません。

レベルが高いビジネス英語は単に英語力があれば教えられるものではなく、やはり自らもビジネスパーソンとしての経験が必要となります。

日本の国語の先生が外国人のビジネスパーソンにレベルの高いビジネス日本語を教えられるかといえば無理ですよね。

ですので、レベルが高いビジネス英語力を鍛えたい方は欧米留学か、日本でもビジネス英語に特化したコースなどを開講している学校があるので、そちらをおすすめします。

まとめ

フィリピン留学は英語力をアップさせる、特に初級者~中級者にとっても非常に有効で費用対効果も高いものであるのは間違いありません。

少し前までは韓国と日本の学生さん以外は殆どいませんでしたが、今は台湾、ベトナム、ロシア、中国の学生さんも珍しくなく、さらに中東の学生さんも増えてきています。これは、やはりフィリピン留学がしっかり実績を積んできていることの証明になります。

もうここまでのレベルに来ると、なんちゃって留学のレベルを超えて欧米留学と並ぶ人気の留学地と言える地位を築きつつあるといっても過言ではないかと思います。

しかし、やはりフィリピン留学は環境、システムが欧米留学と異なった部分が多いので、メリットとデメリットはありますのでそこを事前にしっかり把握してから参加されると、留学の充実度は増しますのでおすすめです。

 

フィリピン留学,心配事・不安

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介