フィリピン留学

フィリピン留学での英語力

フィリピン留学でしっかりした英語力はつきますか?

昔からよく聞かれる質問です。この答えは「あなたが超特殊な事を望まない限り、必要な英語力はつけることができます。」となります。

基本的にほとんどの人の英語を学ぶ目的は

・海外旅行

・海外ビジネス or 進学

・外国人とコミュニケーションをとるため

の3つではないでしょか。この範囲内であれば大概はフィリピン留学で身につけられる英語力で対応が可能です。

世界規模で人気が出始めているフィリピン留学

5年前は殆ど韓国人しか居なかったフィリピン留学は、現在は日本人が爆発的に増えて全体の4割程度までに成長してきました。そして、ここ1-2年は台湾の学生が急激にその数を伸ばしています。

そして、それに続く形で、ベトナム、中国、ロシアの学生が増えてきています。まだ数は多くないのですが、中東やヨーロッパの学生も徐々に増えてきています。

これはフィリピン留学の効果が高いことが証明され、徐々に世界に広がっている証拠です。あと数年すればヨーロッパや南米の学生も珍しくないという環境になっていることでしょう。

欧米を凌ぐ結果を残すフィリピン留学

フィリピン留学の学校の中にはTOEIC900点保障、IELTS7.0保障など欧米の学校でもほとんど見られない様な高いレベルの結果を保証するところも複数あります。

先日私の知人でオーストラリアの大学に通っている人がIELTSのスコアを8.0まで上げたいということでフィリピン留学をしたのですが、そのレベルでも非常にやりごたえがあり結果を残せて大満足だったと言われたケースもあり、改めてフィリピン留学のレベルの高さを痛感しました。

もちろん、全ての学校がレベルが高いという事ではないのですが、しっかり学校選びを行えばかなり満足度の高い留学を実現することができます。

自分に必要な最低英語力を知ることが必要

また、英語力は高ければ高いほど安心できますが、ただここで重要なことは自分に必要な最低英語力を知るという事です。

英語初級者の中には目標英語レベルがネイティブレベルという人が非常に多くいます。

しかし、大人になってから英語を勉強して英語ネイティブレベルになれる人は語学の才能があり、さらに凄い努力したほんの一握り人です。残念ながら私も含めて多くの人はネイティブレベルの英語力は身につけることはできません。

ネイティブレベルの英語力は不要

ただ、それでも全く問題ありません。ネイティブレベルの英語力がなくても、上記にあげた皆さんがやりたいことは問題なくできることが殆どです。

オーストラリアでもネイティブレベルの英語力がなくても、医者、パイロット、弁護士、役人になっている人もたくさんいますし、もちろん、海外旅行だって国際結婚している人だってごまんといます。

医者ですら日本で医師免許があればIELTS7.0(最高9.0)以上のレベルでオーストラリアで医者ができます。

そして、ビジネスでも自分がやりたいというビジネスにはどの程度の英語力が必要なのかを実際に調べてみると、実はあまり高い英語力は必要ないケースもたくさんあります。

難しい契約の話などはだいたい弁護士などの仲介が入ることが多いので、信頼できる弁護士を探し出せれば、実はそれほど高い英語力がなくてもビジネスはできます。弁護士さんは難しい契約書でもポイントを簡単な英語で教えてくれたりするので。

上級英語力がつくまで待つ必要はない

もちろん、すべて自分でできれば一番なのかもしれませんが、海外でビジネスをやりたいと思っているのに、超上級まで英語力が上がるまで待つことが正解とは思えませんし、ビジネスに必要なスピードが欠落することになります。

海外ビジネスが目的なら、そこに最短でリーチできる方法を考えるべきです。英語を使うことが目的になってしまっては本末転倒です。

自分に必要な最低限の英語力がわかれば、大概の場合それ程高いレベルの英語力はいらないことがわかります。そして、そのレベルはフィリピン留学で身につけられるので、早々と必要英語力にリーチしてやりたいことに取り掛かるべきです。

英語力をつけて伝えたいものは?

英語力をつけたらやりたい事をクリアにすることは非常に重要です。漠然と英語ができるようになったらと言っていたら一生英語コンプレックスから抜け出せません。TOEICで900点をクリアしても英語に自信がない人も多いです。

英語はコミュニケーションツールでしかありません。話す内容がしっかりあるような人であれば、つたない英語でも相手はしっかり聞いてくれます。

英語が力がほぼ無くても外国人の恋人はできる

分かりやすい例では、英語が殆どできないけど日本人の女性学生が外国人の彼氏ができるケースは珍しくありません(逆パターンが少ないのが残念ですが・・・)。

英語力は初級で、待ち合わせ先を決めるだけでも苦労するレベルでも相手がその人に興味を持っている限り、どんなにつたない英語でもしっかり聞いて理解しようとしてくれます。そして実際問題なんとかなってしまいます。

そして、その学生も付き合っていくため必要になる英語力は徐々につけていくことになります。

外国人の彼女、彼氏が欲しいという人も多いかと思います。僕は英語を勉強する目的がそういうものでも良いと思っています。

重要なことは英語を使って何をしたいのかをクリアにすることです。

それがはっきりすれば、必要最低英語力がわかりますし、今思っているよりもはるかに早い段階で実行できることがわかります。

逆の目的がはっきりせず、英語がしっかりできるようになったらと漠然と考えていると5年、10年経っても英語コンプレックスから抜け出せず、折角のやりたいことができるチャンスを逃してしまいます。

フィリピン留学では多くの人が必要としている英語力を身につけることができるので安心してください。

ただ、それよりまずは英語を使って何をしたいのか?これをまず最初に設定しないとどんなに効率的に勉強できる環境があって、英語力が伸びたとしてもそれを有効活用することができません。

是非目的をクリアにして、必要な英語力をフィリピン留学でササッと身につけてやりたいことどんどんチャレンジしてください。

フィリピン留学

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介