フィリピン留学

フィリピン留学で伸びないマンツーマンで長時間授業、短期間でも英語力が伸びることで大人気のフィリピン留学ですが、もちろん参加すれば無条件で全員が英語力が伸びるわけではありません。

フィリピン留学に魔法があるわけではないので、もちろん勉強しなければ英語力は伸びません。これは当たり前ですよね。

ただ、授業を真面目に受けているのに英語力があまり伸びないという残念なパターンがあります。

今回はこの残念なパターンをご紹介しますので、これからフィリピン留学をされる方は是非ご注意を!

1.自習・復習をしない

フィリピン留学では授業は1日平均7-8時間という長時間になります。授業を真面目に受けると

非常に達成感があります!

しかし、この達成感が「こんなに勉強したのは人生初だな。よし自分にご褒美だ」という考えを起こさせてしまい、毎日放課後は飲みに行ったり、遊んだりしてしまう方が少なからずいらっしゃいます。

このパターンの方は残念ながら英語力はあまり伸びません。なぜなら・・・

授業で学んだことは短期記憶に留まり、そのままにしておくと24時間で約75%は忘れる!

という人間の脳の仕組みによるためです。授業で学んだことは復習することで長期記憶に落とし込まれます。
次の日の授業は、前の日の授業内容は理解している前提で進みますので、75%忘れた上には知識はしっかり乗らないのでなかなか英語が伸びないということになります。
もし、前の日に復習をできない場合は、次の日もマンツーマンは前日と同じ授業をしてもらってください。

「新しいことを学べるのに、もったいない!」という声が聞こえてきそうですが、

留学の目的は英語力を上げることで、教科書を早く進めることではありません。

半分しか進まなかったとしても、その半分は完全に理解しているという方が英語力は高くなりますので、ぜひ自習ができなかった次の日は授業内でもしっかり復習をすることをおすすめします。

2.習った単語や文法を実際に使わない

授業で習ったことを放課後などに実際に使ってみることは非常に重要です。なぜなら、いくら知っていても実際に使えなければ知らないのと同じことになるからです。

使えるとは「その単語などを使う時に1秒内に瞬発的に出てくる」レベルです。授業で習ったり、新しく覚えた単語は知ってはいるものの最初は使えません。これを使えるようにするにはアウトプットそれも実生活でのアウトプットを繰り返すことが非常に重要になります。

最初は使うのが自信が無かったり、少し恥ずかしいということもあり、ついつい前から知っている単語だけで生活をしてしまう人もいますが、それではいつまでたっても英語力は伸びません。

留学は日本にいるのと違って、放課後でも街にでれば英語を使うチャンスはいくらでもあります。もちろん、先生達と一緒に旅行に行ったり、飲みに行ったりするのも英語力を上げる非常に良いチャンスになります。

間違えることを恐れることなく、新しく覚えた単語などはどんどん使ってみてください。使っている内に自分の言葉として定着してきます。

3.英語の勉強を継続しない

これは、留学後も含めての話なのですが、いくら短期集中で英語力をぐっと伸ばしても継続しなければ自然と英語力は下がっていきます。それも予想を遥かに超えるスピードで(涙)

長期留学の方でも最初は高いモチベーションをもってしっかり自習などをしていたのに、後半はダレてしまい勉強をしなくなってしまう方もいます。また留学後日本に戻ってからは殆ど英語に触れる機会を作らない方も英語力はすぐに落ちてしまい、結局英語力が付かないという残念な結果になってしまいます。

英語の勉強は広い意味では一生続けていくもの

英語は使わなければどんどん忘れていきますし、折角頑張って身につけた英語力はさび付いてしまいます。英語の勉強は長期戦ですので、焦る必要はないのですが、逆に毎日短時間でも良いので勉強する(英語にふれる)時間を持つことが重要になります。

英語の勉強に終わりはありません。ただ、机に向かってガツガツ勉強することだけが勉強ではありません。自分の興味のある分野、例えば海外のサッカーチームについて、ハリウッドスターについてなどについて記事読む、海外の友人と話をする(今はネット上でも可能)など、楽しみながら英語の勉強をすることもできます。

フィリピン留学を失敗に終わらせないために

フィリピン留学はうまく使えば短期に急激に英語力を上げられる非常に有効な英語の勉強法ですが、単に行っただけ、授業を真面目に受けただけでは上記のように英語力をしっかりつけることはできません。

折角大切なお金と時間をかけていくのですから、上記の点に気を付けてぜひ良い結果を出してもらえればと思います。

フィリピン留学

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介