お役立ち情報

年末年始のフィリピン留学

日本ではまずありえない祝日が突然増える!

フィリピンでは年の途中でも突然祝日が増えることが毎年あります。僕も最初そんなバカな!と思ったのですが、年間1~2回毎年あります。

将に日本の常識は世界の非常識です。

しかも、大体的にテレビや新聞で発表されるわけでもなく、政府が突然WEBサイトなどで発表するような感じで、セブに住んでいる僕も周りのフィリピン人から噂をきくような感じでいつも聞かされます(笑)

しかも、発表は直前!

その日が祝日になるかどうかは社会的にも大きな影響がある決定となります。仮に日本でやるのであれば何か月前からアナウンスされる事になるかと思うのですが、フィリピンでは1週間前とかにあることも珍しくありません。

本当に突然「来週の水曜日は祝日になりました。」という一方的なアナウンスを受けます。

祝日はフィリピン留学の学校は休校となる

一部の例外を除き、フィリピン留学の各学校とも祝日は休校となるので、授業は無くなります。ただ学生寮はもちろん動いているので食事などは提供されることが殆どです。

短期の学生さんには痛い休みとなる

3か月以上の中長期の学生さんにとっては、息抜きになったり、まとめて復習する時間にしたりできるので祝日が増えることは嬉しかったりもしますが、2週以下の超短期留学の学生さんには1日授業が潰れてしまうのは痛いところです。

最初から予定されている祝日であればあらかじめ把握可能で避けることができますが、この念の途中に突如制定される祝日は完全に予期することはできず、避けることができません。

そんな時学校によっては、祝日でも追加費用を払うことでマンツーマン授業を受講することができますので、こういう学校であれば滞在中の授業時間をかなりカバーできるのでおすすめです。

突然制定される休日を避けるられる学校がある!

普段まとまった時間が取れない社会人の学生さんはどうしても1-2週間の超短期留学になるので、やはりこの突然制定される休日であっても授業をしっかり受講したいというご希望が強いです。

そんな方におすすめ学校があります!セブ島にある「TARGET Global English Academy」です。

こちらの学校は2週間以下の学生さんには祝日(あらかじめ決まっている祝日、突然制定される祝日両方とも)には1日6時間のマンツーマン授業を無料で提供しています。(年末年始は除く。ただし2016年末は適用となります!)

TARGETであれば突然増える祝日を恐れる必要はありません。ホーリーウィークなど週に2日祝日がある週であっても2日とも6時間のマンツーマン授業を受講できます。

その他、通常初日の月曜日はレベルチェックテスト、オリエンテーションで授業がありませんが、TARGETであれば午後から授業の受講が可能になり、滞在時間を無駄にせず、フルで授業を受けることができます。

短期フィリピン留学の方は祝日に注意しよう

上記のようにフィリピン留学は祝日により授業日数が減ってしまいます。一般的な祝日の他に地域独自の祝日もあります。学校によっては通常通り授業を行う、補講を行うなどの対応をとることもあります。

短期留学をご検討のかたへは上記に様な各学校の対応もお伝えできますので、お気軽にお問い合わせフォームからご相談ください。

お役立ち情報,フィリピン留学

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介