お役立ち情報

両替

フィリピン留学の学校の申し込みが完了していざ支払い段階にになってふと疑問に思うことがあります。それは

アメリカドル(US$)と日本円どちらで払った方がお得なのか?

特にコース料金がアメリカドル建ての学校は請求書もアメリカドルで記載されていることが殆どなのでこの疑問をもつ学生さんが多いようです。

ドルでも円でも同額

結論から言ってしまうと、ドルで払っても円で払っても全く一緒です。

為替レートは常に変化しているものですが、$1=100円の時は$1と100円は全く同じ価値ですし、$1=120円の時は$1と120円は全く同じ価値を持ちます。このように書くとものすごい当たり前なのですが、なぜかドルで払った方が得なのでは?と感じてしまう方もいます。

為替は常に変化するので支払いのタイミングで差額がでる

上記にように、ドルと円どちらで払っても全く同じです。ですが、これは支払いのタイミングが同じであればという条件があります。

もし、支払いのタイミングがずれれば話は別です。

例えば、$3,000の支払いがあったとします。$1=100円の時と$1=120円の時では下記のようになります。

$1=100円の時:$3,000×100円=300,000円

$1=120円の時:$3,000×120円=360,000円

と支払額に60,000円の差額がでて、$1=100円の時に支払った方が得です。

為替の動きは誰にもわからない

なるほど!じゃあ、円高の時に支払えば良いんだな!と思う方もいるかもしれませんが、将来の為替の動きは金融のプロでも確実なことはわかりません。変化の要因があまり不確定なものや、自然災害などの予測不可能なことも多くまさに神のみぞ知るの世界です。

ですから、これは運次第と考えた方がいいです。

両替をすればその都度手数料がかかる

フィリピン現地で使われるのはフィリピンペソですが、ペソを準備するときにわざわざドルを準備する方がいますが、これは損です。
※もちろん両替するタイミングが異なれば為替の影響で得をする場合もあります。あくまでも同時に両替をすることが前提となります。

両替をする度に金融機関は手数料をとります。

日本円→ペソ (両替回数:1回)

日本円→アメリカドル→ペソ (両替回数:2回)

となるので、今手元にアメリカドルがあるというケース以外は、日本円でそのままフィリピンにお持ちください。

ペソへの両替は学校到着後

フィリピン留学時にペソは必要になりますが、日本やフィリピンの空港で両替する必要はありません。日本やフィリピンの空港での両替レートは悪いので損をしてしまうケースが殆どです。

両替は到着後最初の月曜日に学校スタッフが近所でレートの良い両替所を紹介してくれて、新入生全員で両替をすることになります。現地支払い費用などもその両替後に支払いとなりますので、あらかじめ自分で両替しておく必要はありません。

以上のように、両替はタイミングによって、損得がでますがこれは狙ってできることではありませんので、運試し程度に考えてもらった方がストレスもなく良いかなと思います。

お役立ち情報,フィリピン留学

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介