フィリピン留学

フィリピン留学に行きたい

ここ数年フィリピン留学は非常に人気になっており、最近はあちこちのメディアでも取り上げられて日本でもその知名度はだいぶ上がってきたように思えます。

しかし、まだ「なんでフィリピン?」「フィリピンって治安が悪いでしょ」という不安や疑問の声もあるのも事実ですし、100%の人が満足しているわけでもありません。確かに、フィリピン留学にはデメリットが複数あります。

ネット上は多くの情報であふれており、フィリピン留学を盲目的に絶賛する記事もあります。でも、実際のところはどうなのでしょうか。

今回はフィリピン留学のぶっちゃけたデメリットを解説したいと思います。

1.フィリピンは治安が心配

これは本当に多く頂くご意見ですね。フィリピンの治安はどのデータを見ても日本に比べるとかなり悪いと言えます。スリも多いし、街中でストリートチルドレンや物乞い、ホームレスの姿を目にすることも少なくありません。

日本でもネットなどで話題になっていますが、現大統領が麻薬根絶を狙って掃討作戦を行ったら50万人以上の売人・麻薬常習者が出頭したという話もあり、麻薬がフィリピン中に広まっていたことが改めて証明されました。

日本と同レベルの治安を求める人はフィリピンには行かない方が良いでしょう。

2.フィリピンの訛り(なまり)が心配

フィリピンの公用語は英語ですが、フィリピンの学校の先生の多くはフィリピン訛りを持っており、欧米の英語ネイティブの発音とは異なります。せっかく英語を習うのですから、英語ネイティブの発音を身につけたいと思う人にとっては、フィリピン人の先生から英語を習うのは心配です。

どうしても発音が欧米ネイティブのものでないといけないという人はフィリピン留学には向きません。

3.虫が苦手なので、フィリピンの生活が心配

フィリピンは発展途上国ですので、現在の日本のような衛生管理は高級ホテル以外では期待できません。学校の寮にもアリなどの虫は普通にでることがあります。特に緑が多いキャンパスをもつ学校はその傾向が強くなります。

部屋にアリが入ってくるだけで我慢できないという人はフィリピン留学は諦めましょう。

4.フィリピン留学をしても英語が伸びないという話もある

フィリピン留学はマンツーマン授業が軸で、長時間授業なので短期間で英語が伸びると言われていますが、全員が英語力を伸ばしているわけではありません。当然英語力がつかなかったという人も一定の数います。

フィリピン留学に行きさえすれば自然と英語力が上がると思っている人は勘違いですので、今一度考え直す事をおすすめします。

いかがでしょうか、これでもフィリピン留学に行きたいですか?

フィリピン留学は留学生の楽園ではありません。欧米留学に比べて上記のようにデメリットも多くあるのも事実です。しかし、ここ2-3年フィリピン留学の人気は急激に上がってきています。

フィリピン留学に対しての何となくのイメージではなく、現実を見てみるとその理由がわかります。以下にその理由を紹介します。

1.治安について

確かにフィリピンの治安は日本より悪いです。しかし、これは日本が世界トップレベルの治安の良さを誇っており、欧米でも日本ほど安全な国は殆どありません。また、東南アジアでみれば、フィリピンの治安は平均的なもので、留学生として普通の生活をしていれば犯罪に巻き込まれることは殆どありません。

本当に安心して生活できないレベルであれば、年間約2-3万人もの日本人留学生がフィリピン留学をするはずもありません。最近は中学校、高校の団体の学生も増えてきており、一度フィリピンに来た人は治安に対して最初のイメージとは全く違った感じを受けています。

参照:「ぶっちゃけ、セブの治安ってどうよ?」

2.フィリピン訛りについて

フィリピン訛りがあるのは間違いないのですが、発音は実はそんなに重要ではありません。世界を見てみると発音を気にしているのは、日本人と韓国人くらいなもので、欧米ネイティブを含めても発音はそれほど重要視されていません。単語や文法の方がよっぽど重視されますし、もっと言えば発言内容が一番重要視されます。

また、欧米ネイティブでもアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダで全部違いますし、欧米留学をしてもしっかりとしたネイティブの発音を身につけている人は一握りです。ですが、特にネイティブの発音を身につけることができなくても、全く問題なく海外ビジネス、旅行、外国人とのコミュニケーションはできます。

参照:「初級者は英語の発音にこだわる必要はない!」

3.虫について

フィリピンの街中を歩けばすぐにわかりますが、フィリピンは発展途上国ですので衛生レベルを日本と比べれば圧倒的に劣るのは間違いありません。

各学校も害虫駆除などの対策を定期的に行っているので、大量の虫が出るということは基本的にはないのですが、虫はいくら掃除しても、キャンパス外からも入ってきますので、完全に駆除することはできません。超高級ホテルでは虫との遭遇率は下がると思いますが、それでも0%にはなりません。

しかし、これは発展途上国の中級ホテルであれば大体どこも似たようなものです。留学とは海外で生活するのも醍醐味の一つですし、フィリピン留学は欧米留学と比べて費用が格段に安くなることを踏まえるとコストパフォーマンスはかなり高くなります。

4.英語力の伸びについて

フィリピン留学に魔法があるわけではありません。フィリピン留学は長時間、マンツーマン授業でしっかり勉強することになります。また授業だけではあまり伸びず、復習時間をしっかり確保することで飛躍的な英語力アップが狙えます。

フィリピン留学は決して楽に英語力を伸ばせるものではないのです。ただ、現地では周りの学生さんも同じペースで勉強をしているので、日本で独学で勉強するよりははるかに自然な形で英語に集中できるという環境となっています。

自分にどうしても甘くなってしまう学生さんはスパルタ式の学校に行かれると強制的に勉強をせざるを得ない環境になるのでおすすめです。

参照:「フィリピン留学勘違いシリーズ第1弾「スパルタとは?」」

いかがでしょうか、これがフィリピン留学の現状です。

これでもあなたはフィリピン留学に行きますか?

フィリピン留学,心配事・不安

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介