フィリピン留学

teachers-quarity

今では語学留学と言えばフィリピン留学が選択肢に入ってくることが非常に大きなってきており、その存在感はますます大きくなっています。

やはり、マンツーマン授業、1日平均8時間授業、全寮制でその上格安という多くのメリットをもったフィリピン留学は今後もさらにその注目度を上げていくと思われます。

しかし、これからフィリピン留学を検討しようと考えている方が気になる「フィリピン留学の先生の質って本当のところどうなの?」という疑問に今回答えていこうと思います。

1.発音について

発音については、全体の7-8割の先生はフィリピンアクセントをもっています。もちろん、ネイティブレベルの発音を身につけている先生もいますし、学校に欧米ネイティブの講師が在籍する学校もあります。

しかし、基本的にフィリピン人の先生の発音は欧米を含めた世界どこにでも通じるレベルですし(フィリピン人の医師・看護師など世界中で活躍しています)、現実問題として、たとえ欧米で1年間留学やワーキングホリデーに行ってきた人でもネイティブの発音をしっかり身につけている人は殆どいないことからもわかる通り、発音は特殊な訓練を積まない限りそこまで移りません(小さい子供は除く)。

また、発音に関しては英語は外国の人と話すコミュニケーションツールであると考えるとそこまでこだわる必要もありません。その理由の詳細は下記のページにまとめているのでご覧ください。
【初級者は英語の発音にこだわる必要はない!】

2.英語力について

フィリピンは英語圏ですので、基本的に小学校から英語教育が入ってきますし、裕福な家では家庭でも常に英語を使って生活をしています。英語の映画も普通に字幕なしで上映されてり、多くの人が当然のごとく理解して楽しんでいます。

英語圏だけあり、当たり前ですが基本的にフィリピンの方の英語力は高いです。

フィリピン人は文法問題が苦手

しかし、意外な事に文法問題などをやらせてみると結構つまづく人が多くいるという現実があります。日本人は文法の勉強から入るのが一般的ですが、小学校やさらに小さいころから英語の勉強を開始するフィリピン人にとっては英語は論理的に覚えるのではなく、ネイティブに近い感覚的に覚えていく形になるのが原因と言われています。

通常のコミュニケーションやアカデミック系の難しい文章は難なく読めるのですが、文法試験をやらせてみると意外とミスが目立つという日本人からすると少し不思議も思える状況になっています。

もちろん、学校の先生になるには文法の知識もしっかり教えられるようにならないといけないので、しっかりトレーニングを積むことが多いのです。しかし、学校によってはそういった先生の質の管理をしっかり行っておらず、先生がしっかり正しい英語を教えることができないという事が起こったりもしています。

学校選びの際は、しっかり勉強したい方は、アカデミックに力を入れた学校を選ぶことをおすすめします。

3.態度・習慣について

こちらは、文化の違いになるために一概に悪いと言い切れない事がありますが、日本人からすると問題視される主なポイントがいくつかあります。

1)遅刻が多い

日本ほど時間に細かい国は世界にも殆どないのですが、フィリピンはその対極にあり、日常生活では20-30分の遅刻は当たりまえ。中学、高校、大学の授業も時間通り始まることはまずないという環境です。したがって、遅刻をすることに罪悪感がほとんどないのですが、日本人の学生さんからすると問題視されてしまいます。

2)授業中携帯をいじる

フィリピンでは業務中でも携帯をいじる行為は当たり前にあります。スーパーのレジ、お店の定員、ガードマン、ほとんど全ての場所でそうなのでは?と思ってしまうほど少しの時間があれば携帯をいじることが当然の環境になっています。

3)貧乏ゆすりが多い

これは、フィリピンでも行儀が悪いとは認識されているようなのですが、かなり多くのフィリピン人が貧乏ゆすりをします。レストランや街中でも貧乏ゆすりをしている人を良く見かけるので、日本の比ではないかと思われます。

と、これらの行為は日本人の学生さんからするとネガティブな印象になるために、しっかり管理の行き届いた学校ではマナー研修などを通じて、しっかり教育されています。ですが、ルーズな校風の学校となるとこのあたりは放置状態なので、おすすめできません。

まとめ

現在は毎年3万人を超える日本人がフィリピン留学に参加していることからも、学校側も日本人の学生さんに満足してもらえるようにかなり努力をしており、全体的なレベルはここ2-3年でかなり上がってきています。

しかし、全体的なレベルが上がったことにより、しっかり対応している学校と、そうでない学校の差が広がっているのも事実です。ひどい学校になるとTOEIC400点台の英語力しか持たないフィリピン人を講師として雇って適当な授業をしているケースも報告されています。

当社では実際の学校訪問、在学生からのフィードバックなど含めてしっかり勉強できる学校をおすすめできますので、フィリピン留学をご検討の方はぜひお気軽にご相談ください。

フィリピン留学,心配事・不安

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介