オーストラリア留学

2カ国留学

最近ますます注目度が上がっているフィリピン+オーストラリアの2カ国留学。

しかし、この2カ国留学はプランとしてはやや複雑な部分もあり、特にオーストラリア留学部分は自由度が高い分選択肢が多く、よくわからないことも多くなります。

そこで、今回はよくある2カ国留学のQ & Aを作ってみましたのでご参考にしてください。

Q1. フィリピン留学のあとそのままオーストラリアに行けますか?

A.行けます。
フィリピンからそのままオーストラリアへ渡航することができます。
もちろん、フィリピン留学後に日本に戻ってからオーストラリアへ行くプランも問題ありません。

Q2. オーストラリアのビザはフィリピン滞在中にも取得できますか?

A.取得できます。
オーストラリアのビザはインターネット経由で申請取得できますので、フィリピン国内でも申請が可能です。
必要なものは、クレジットカード、パスポートとなります。
学生ビザの場合は、まずオーストラリアの学校にお申し込み後発行されるCoEという書類も必要となります。

当社で学校をお申し込み頂いた方には無料でオーストラリアのビザの取得サポートができますので是非ご利用ください。

Q3. 2カ国の際に準備する資金はいくら位ですか?

A.平均100万円~150万円程度です。
必要資金はプランによって大きく変わりますが、オーストラリアでワーキングホリデーを計画している方の場合は上記に金額があれば実現可能です。
あまりぎりぎりの予算で出発してしまうと、オーストラリアでの生活で大きな妥協を強いられたり、フィリピンで英語力をしっかり上げる期間留学ができなく、結局満足度の低い留学になってしまったりしますので、ある程度余裕をもった資金準備をおすすめします。

Q4. オーストラリアの学校はフィリピン留学中に決めることができますか?

A.できます。
オーストラリアの学校の入学お手続きは2週間程度で完了させることができます。
ホームステイをご希望の際は3-4週間程度前からのご準備が必要となります。

Q5. ホームステイだけの手配は可能ですか?

A.可能です。
学校に行かなくてもホームステイだけのお申し込みも可能です。
ただし、学校に行かないケースでは受け入れ先のファミリーが限定されることがあります。(ずっと家にいられると光熱費などが高くなるため)

Q6. オーストラリアの語学学校はどの位の期間行けば良いですか?

A.平均1~3か月です。
入学時期に英語力や求める英語力にもよります。
フィリピン留学で上級(TOEIC800点以上相当)の英語力を身につけてる方でも、オーストラリア英語に慣れる、友達を作る、現地情報を入手するという目的で1か月程度通われるプランをおすすめしています。
授業料の安い学校もありますので、ご相談ください。

Q7. フィリピンとオーストラリアの2カ国留学の際の保険はどうなりますか?

A.同じ保険で対応できます。
日本の大手保険会社の保険であれば、基本的に2カ国両方をカバーすることができます。
保険はプランによっても条件が細かく分かれますので実際のご購入の際は保険会社の担当者にお問い合わせください。

当社でおすすめしているのは信頼と実績のある大手保険会社AIUの保険です。
下記のページから無料お見積もりとお申し込みができます。
http://www.aiu.co.jp/travel/studyabroad/index.htm?p=oEL1EN01

Q8. フィリピンからオーストラリアへの航空券はどこの航空会社が安いですか?

A.セブパシフィック航空ジェットスター航空などのLCCが安いです。
セブパシフィックはマニラからシドニーに就航しています。
ジェットスターを利用する場合はマニラからシンガポールまでセブパシフィックを使い、シンガポールからオーストラリア各都市までをジェットスターを利用するプランとなります。

Q9. フィリピンのお土産としてドライマンゴーはオーストラリアに持ちこめますか?

A.持ち込めません。
オーストラリアは国外からの持ち込み制限が世界最高レベルに厳しい国となっており、基本的に食べ物は持ち込めないと考えておいたほうが良いです。せんべいなどの一部のものは持ち込めますが、空港で足止めをくらうこともあるので面倒な方は食べ物は持ち込まないことをおすすめします。

Q10. 両替はどこで行うのが得ですか?

A.オーストラリア国内がお得です。
日本円をオーストラリアドルに両替するのはオーストラリア国内がお得です。フィリピンでもオーストラリアドルへの両替はできますあレートは悪くおすすめできません。
また、ペソはオーストラリアで両替できない事が多く、できたとしてもレートは著しく悪いのでなるべくフィリピンで使い切ってしまう、余分なお金はペソに両替しないことをおすすめします。

オーストラリア留学

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介