フィリピン留学

フィリピン留学の学校選択

フィリピン留学の学校は年々増えてきており、フィリピン全土にあります。

選択肢が多いのは学生さんにとって嬉しいところですが、逆に選択肢が多すぎてどこが良い学校なのかわからなくなってしまうという事もあります。

良い学校というのは学生さんの希望により変わってきますので「ここが良い学校だ!」というのは難しいのですが、逆にこういう学校は要注意という2つのポイントがありますので、今回はそのポイントをご紹介します。

1.繁忙期と閑散期で学生数が極端に違う

フィリピン留学では2月~3月と8月~9月が繁忙期となります。これは大学生の夏休みと韓国の団体の学生が一気に増える事からです。
殆どの学校で、繁忙期は学生数が増加して人気の学校では3カ月程度前から定員締め切りとなることも珍しくありません。
そして、繁忙期が終わるとまた学生数が低下していくというのが一般的です。

しかし、ここで注意したいポイントがあります。閑散期は学生数が20名程度、繁忙期は100名以上というような極端に学生数が異なる学校は注意が必要です。

レベルの低い先生でも採用せざるを得ない

なぜなら、このタイプの学校は繁忙期前に先生を大量に採用して、閑散期になるとリリースしていくということを繰り返さざるを得ません。

現在学校数がかなり増えていることから先生不足が起こっており、短期間に大量に採用しようとすれば質が低い人材でも採用せざるを得ないからです。

先生のトレーニングをすることもできない

また、採用時は力不足でも長期雇用することでトレーニングを介して育てていく事も出来るのですが、閑散期に学生数がガクンと下がる学校では採用した先生をリリースしていくので、育てる事ができません。

上記の理由からいくら学校のWEBなどで質が高い先生が揃っていると謳っていても残念ながら事実は異なっているケースが殆どです。エージェントに確認すればこのあたりことも教えてもらえるので担当者に訊いてみるのも有効だと思います。

2.授業内容が極端に異質

前出のようにフィリピンには大小合わせて数百の学校がありますので、その中で独自の色を出すのは難しくなっています。人気のある学校はその中でもうまく差別化を図って、独自の色を出しています。

しかし、中には他校と全く異なった異質ともいえる授業内容を打ち出している学校もあります。学校のWEBなどを読むと一見それっぽいことが書かれているのですが、本当に効果があるのかかなり怪しいケースも見受けられます。

英語の勉強に魔法はない

「1日○○分聞き流すだけで~」などと謳っている教材も同じなのですが、正直なところ英語力を上げるには魔法はありません。もしそんな魔法のような勉強方法があれば、どんなに隠したところで、あっという間に広がり日本でも多くの企業や大学で採用されることでしょう。

しかし、少なくても今現在までそんな方法は世界中どこ探してもありません。つまり、結局のところはやるべきことをしっかりやらなければ英語力は上がらないのです。

もちろん、効率の良い方法や、楽しく勉強できる方法はあるので、自分にあった勉強方法を探すことは有効です。

フィリピン留学でも多くの学校が学生さんの英語力を伸ばそうと思い切磋琢磨していますので、その中で異質なことを主張している学校というのは注意が必要です。

楽して伸びる勉強方法があれば一瞬で世界中に広がる

もし、本当にそれほどの効果の差があるとすれば、少なくとももっと話題になり、かつ他の学校もその方法を導入するところも出てきますが、こちらも今のところそんな状況にはなっていません。

正攻法で勉強していればもっと英語の力が伸ばせたのに・・・・というケースも見受けられますので、ご注意ください。

※上の写真と本文は関係はありません。

フィリピン留学,学校選びのポイント

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介