フィリピン留学

短期におすすめの学校

フィリピン留学で人気の都市と言えば、ダントツにセブとなります。そして、セブと言えば綺麗な海のイメージが強いと思います。

セブには海前にも学校が複数あり、リゾート留学も満喫できます。

このリゾート留学は観光が主な目的の方や、しっかり勉強ではなく楽しみながら英語に触れたいという方には非常におすすめできます。

一方、しっかり勉強したいという方は注意点があります。

勘違いポイント1.海前の学校でも長時間コースもあるし、しっかり勉強できる

セブの海前のロケーションを売りにしている学校でも、長時間マンツーマンコースを開講している学校もあるので、しっかり勉強できると思ってしまいますが、やはり集まる学生さんの勉強への意識は緩い傾向があります。これは悪い訳ではなく、留学の目的がそもそも学生さんによって大きく異なることに原因があります。

上記の様に、留学の目的がリゾート気分を満喫したかったり、のんびりとした雰囲気で勉強をしたいというニーズに応えられる学校となっており、セブシティー側にあるしっかり勉強したいという学生さんが集まる学校とはコンセプトが異なります。

逆にこれらの学校でストイックなシステムを採用してしまうと、リゾート気分を満喫できないということでミスマッチが起こってしまいますので、学校としてもそちらに舵を切る事はまずありません。

逆に、ダイビングやアイランドホッピングなどのアクティビティーに力を入れている事もあり、観光をより楽しむ事ができるシステムが充実していることが多くあります。

先生もそのことは理解しているために、バシバシ授業を行う事は無いために、長時間授業のコースであっても楽しさを重視した授業になることが多いです。

勘違いポイント2.海前だから毎日ビーチで泳げる

海前のロケーションなので確かに気軽に海に行けます。しかし、これは意外な事実なのですが、セブ(リゾートエリアのマクタン島)の海岸は砂浜ではなく、岩場です。高級リゾートホテルは砂を外から持って来て人工ビーチを作っています。

ですので、学校の目の前の海には基本的には砂浜はなく、泳ぐということは殆どありません。ビーチ気分を味わいたい場合は、ホテルのプライベートビーチに行くか、ボートで近くの島に行くかなどの移動が必要となってくるので、授業の空き時間に泳ぐという事は出来ません。

また、フィリピン留学は基本的に朝から夕方まで授業を行っているので、海で遊ぶのは週末となり、その頻度はシティー側の学校と変わりません。

勘違いポイント3.リゾートエリアだから快適に過ごせる

セブ(マクタン島)の海沿いにはシャングリラホテルをはじめ高級ホテルがずらりと並んでおり、まさにリゾートエリアと呼ぶにふさわしい環境となっています。

しかし、ここも注意が必要で、一般的にリゾートエリアというとショッピングセンターが近くにあったり、周りにお店が沢山あったりというイメージですが、セブでは少し様子が異なります。高級ホテルでは敷地内で必要なものは全て揃っているので、便利・快適そのものですが、一歩敷地外にでるとこのエリアは田舎で、近くに留学生が好んでいくお店が沢山あることもなく、ショッピングセンターもタクシーを拾っていく形ですが、このエリアではタクシーが拾い難いエリアとなっています。

短期間留学であれば、そんな田舎の環境も楽しめるのですが、1カ月以上の留学となると不便さを感じる学生さんが非常に多くなります。

留学は旅行と違い、実際に生活するという面が強くなりますので、利便性というポイントも重要になってきます。

海前のロケーションの学校が向いている学生さん

学校にはそれぞれ売りになる特徴があり、全ての人に向いているという学校はありません。ですので、自分の希望にあった学校を選ぶ事が重要となります。

セブの海前のロケーションが魅力の学校に向いている学生さんは下記のタイプとなります。

1.留学中もリゾート気分を満喫したい方

2.ストイックに勉強するというより、楽しみながら英語に触れて勉強したい方

3.1カ月以下の短期間留学で観光やアクティビティーを重視される方

是非、自分にあった学校を選んで充実したフィリピン留学を送ってくださいね!

フィリピン留学,学校選びのポイント

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介