フィリピン留学

マンツーマン授業

フィリピン留学の魅力と言えばなんといってもマンツーマン授業が格安で受講できるというポイント。
フィリピン留学全体の平均では毎日4-5時間程度のマンツーマン授業がコースに組み込まれている事が多くなっています。

しかし、学校によっては8時間、9時間、10時間と言ったような長時間マンツーマンコースをもつ学校もあります。

実はここは注意ポイントでもあります。

勘違いポイント1.マンツーマン授業は多いほど英語力が上がる

確かに、マンツーマン授業は授業密度が濃く、完全に自分のペースで授業を進める事ができますので魅力なのですが、多ければ多いほど良いのかと言えば違います。

マンツーマン授業でも、集中力をしっかり保たなくては効果が薄くなります。人間の集中力はそう長くも続かないという現実があります。せっかくのマンツーマン授業でも集中力が切れてしまえば、効果は期待できません。

目的は多くの授業を受ける事ではなく、英語力を上げる事

そして、フィリピン留学に良くある落とし穴なのですが、目的が英語力を伸ばすことではなく、授業に出る(長時間授業をこなす)事になってしまうという事があります。

確かに、長時間授業を受けると達成感はありますが、集中力を切らせた状態で受講しても殆ど効果はないので、逆に休息の時間を入れた方が英語力が伸びたというケースも少なくありません。

授業だけでは英語力は伸びない

その他、復習をする時間を取らないと英語力は殆ど伸びないので、それを考えるとあまりに長い授業というのはおすすめできません。

参考:「フィリピン留学で失敗するケースNo1.-自習の重要性-」

勘違いポイント2.マンツーマン授業はグループ授業より英語力が上がる

これは一概には言えない部分もあるのですが、フィリピン留学全体の話からすると、どうもグループ授業はマンツーマン授業の劣化版、おまけ的な位置づけになっていることがあります。

確かに学校によっては、グループ授業はとりあえず開講しているだけで、しっかり管理されていない学校もあるので、口コミなどでもグループ授業はあまり意味がないと言われてしまう事もあります。

しかし、しっかりしたグループ授業であれば英語力は確実にしっかり伸びます。そうでなければ欧米留学が成り立ちません。

グループ授業のメリットも多い

また、グループ授業の良さというものもあります。例えば以下のポイントが挙げられます。

1.周りの学生さんの前で発言をするプレッシャーに慣れる事ができる

2.クラスメイトが間違えることで、自分もそのポイントを再認識できる

3.ディベートなどの授業ができる

4.新しい友達を作ることができる
※意外とこの友達作りの場というのは重要で、特に長期の学生さんの場合仲良くしていた友達が先に卒業してしまった場合孤立してしまうケースもあり、グループ授業で新しい友達を作ることができるのは魅力の1つです。

長時間マンツーマンコースが向いている人とは?

では、この長時間マンツーマンコースは全く勧められないのかと言えばそうではなく、適した人というのもいます。

大きく分けますと下記のような人です。

1.1-2週間程度の超短期留学の方
超短期であれば、勢いと気合で詰め込むだけ詰め込んで、復習は卒業後行う。とにかく英語に触れる時間を長くすることに意味がある。というケースでは有効に働きます。

2.中上級以上の方
自分に適した勉強方法、ペースを既に知っておりそれを講師にしっかり伝えられる方はマンツーマン授業の内容をしっかりコントロールできますので、無駄のない授業をデザインすることができます。

3.シニアの方
若い学生さんとは一緒に勉強するのはちょっと気が引ける。というシニアの方は全クラスがマンツーマン授業のコースはおすすめです。
ただ、最近は授業時間が4時間程度の短時間コースを持つ学校も出てきていますので、そちらの学校もおすすめです。

まとめ

マンツーマン授業は、自分のペースで非常におすすめなものでもありますが、単純に多ければ多いほど良いというものではなく、学習効率も考えたコースを選択する必要があります。

コースや学校選びに迷われたらいつでもお気軽に「お問合せフォーム」からご相談ください。

フィリピン留学,学校選びのポイント

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介