フィリピン留学

留学費用

フィリピン留学は格安というポイントも大きな魅力ですが、たまに学生さんから「欧米留学と比べて費用はあまり変わらないですね。」というご意見を頂く事があります。

確かに、フィリピン留学の費用は1カ月で平均15万円程度です。欧米の学校に1カ月通った場合の費用も大体15万円程度になるので、ここだけみるとあまり差がないのではとなってしまうのです。

しかし、その詳細を見てみると同じ留学でも全く異なったものとなっており、フィリピン留学がなぜ格安と言われるのかが見えてきます。

ポイント1.費用に含まれるものが違う

一般的に欧米留学をする際にエージェントに見積もりを依頼した場合、学校関係費は入学金、学費、教材費のみが含まれる形になるのが一般的です。

一方フィリピン留学の場合は、上記に金額にプラスして寮費、食費、空港ピックアップ費、掃除・洗濯代、ビザ代ども含まれるのが一般的です。

それぞれの見積もりに何が含まれているのかをしっかり確認する必要があります。

ポイント2.授業時間、内容が違う

基本的に欧米留学はフルタイムであっても1日の授業時間は平均15人程度のグループ授業が4時間となります。

一方フィリピン留学はマンツーマン授業が4-5時間、2-8人程度の少人数制の授業が2-3時間の合計8時間程度の授業となることが多く、授業時間だけでも2倍、またマンツーマン授業では、英語を話す量は欧米留学の20倍~30倍と言われいます。

一言で授業料と言っても、その授業の内容や授業時間は全く異なるので、ここでも内容をしっかり吟味する必要があります。

ポイント3.航空券の料金が違う

留学費用の中で結構なウェイトを占めるものに航空券があります。エージェントからの見積もりには含まれないことが多いので、ついつい忘れてしまいがちですが、この航空券代も留学費用を大きく左右します。

欧米留学の場合は往復の航空券は日本からですと大体10万円以上しますが、フィリピン留学の場合は5-7万円で収まることが多くなっています。セブパシフィックなどのLCCでプロモなどがあるときは往復3万円以下なんてこともあります。

ポイント4.現地生活費が違う

これは当然と言えば当然なのですが、先進国の欧米と発展途上国のフィリピンでは物価が圧倒的に異なります。

留学費用の中で見落としがちな現地生活費は留学費用を大きく左右するポイントでもあるので注意が必要です。

フィリピンでは留学生にも関係する交通費や外食費、アクティビティー費などが圧倒的に安くなるので、留学費用は欧米留学と比べてぐっと安くなります。

まとめ

以上のように単にエージェントからの見積もりだけを単純に比較しても留学の全体的な費用は見えません。

フィリピン留学と欧米留学は授業スタイルや生活が異なるので、費用に関してもしっかり吟味することが必要となってきます。

フィリピン留学,メリット

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介