フィリピン留学

TOEIC

現在英語の必要性はどんどん上がってきており、日本ではTOEICの存在感がますます大きくなってきています。

それにより、フィリピン留学でTOEICスコアアップを希望する学生さんも増えてきています。

TOEICを勉強する目的は?

ここで重要なのがTOEICを勉強する目的です。TOEICを勉強する目的は大きく分けると下記の2つ

1.近い将来他の人に英語力証明するため

2.大学や企業でTOEICのスコアを求められたため

1の方の場合は、TOEICのハイスコアにより、英語力を証明したいという事になるので、フィリピン留学が有効になるのですが、2の方は注意が必要です。

最近僕のところに相談される方でも増えつつあるのがこの2の方。そして、英語自体にあまり関心がなく、実務でも英語は殆ど使いそうにないけどTOEICスコアがないと昇進できない、大学のゼミで必須と言われたということでとにかくTOEICのスコアアップだけを希望するケース。

TOIECのスコアアップなら日本で勉強するのが最も効果的

留学カウンセラーの僕が言うのも変ですが、TOEICのスコアアップだけを考えるなら我々日本人にとっては日本ほど適した場所はありません。

本屋に行けば日本語によるTOEIC対策がずらりと並び、Amazonではレビューまでしっかりあり自分にあった教材を探すことも難しくありません。

また、TOEIC満点のカリスマ講師の集中コースなども数多くあり、効果が絶大の事も少なくありません。実は去年までオーストラリアのブリスベンに2週間でTOEICスコアを平均200点伸ばすという凄いコースもありました(僕も実際に見に行ったのですが本当にみなさん伸ばしていました)。

長年TOEICコースを担当するその先生も、初級者~中級者であればTOEICのスコアはスキルを学ぶだけで100点程度上げる事は難しくありませんと言っていました。

ここで重要なポイントは、スキルを日本語で学ぶという所です。スキルは英語で理解する必要はなく、日本語で教えてもらえれば瞬時に理解できます。

TOEICのスキルとは

TOEICのスキルは数多くあるのですが、例えば単語1つとっても、TOEICに出てくる単語は限られています。逆にいうとTOEICに出てこない単語があります。

例えば、TOEICに出てくる会社は常に営業成績が良くて売り上げは右肩上がりというストーリーとなります。決して、売り上げが芳しくなく、倒産しそうというケースは出てきません。つまり、倒産、売り上げ減というようなネガティブな単語はTOEICでは出てきませんので、覚える必要がないということになります。

日本でTOEIC集中コースに行くと、このようなスキルを数多く日本語で教えてもらう事ができます。

もちろん、教材も日本語で丁寧にわかりやすく解説してあり、このような環境が揃っている場所は世界どこ探しても日本以上の場所はありません。

フィリピン留学にも日本語教材を使ってTOEIC対策を行う学校もありますが、そこまでやるなら日本でカリスマ講師のコースを受講した方が時間も短く効果は高いでしょう。

フィリピン留学では実践的な英語力を鍛えられる

TOEICのスコアだけを追い求めるならば、日本で勉強した方が効率的ですが、実際に使える英語力となるとやはりフィリピン留学に参加した方がその効果は高くなります。

上記の様に、TOEICではネガティブな表現は出ないというポイントがありますが、現実社会では会社の経営が傾いた、倒産したという話はよくあります。そういうときに対応できないようでは、いくらTOEIC900点を超えていても意味がありません。こういう現実があるので、TOEICは本当の英語力を測るテストとしてはイマイチと言われているのです。

フィリピン留学ではTOEICコースであっても、TOEIC教材を使いつつも、実践的な英語力をつける授業が展開されるケースが少なくありません。

もちろん、いくつかの学校ではガチガチのTOEIC対策コースもありますが、将来英語を使って何かをしていきたいという方にはあまりガチガチなTOEIC対策コースより、TOEIC対策もやるという学校・コースをお勧めします。

TOEICの授業であっても、マンツーマン授業ならば常に先生と会話をしながら授業が進むので、スピーキング力もしっかりつける事ができます。

この勉強方法でTOEIC900点をクリアされた場合、英語力に自信がないという事はまずありません。実際のTOEIC900点相当の使える英語力を身に着ける事ができます。

是非皆さんもフィリピン留学で使える英語力を身につけてください。

フィリピン留学

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介