フィリピンネタ

よく海外の水道水は飲めないという話を聞きますが、フィリピンの水道水も基本的には飲めません。
留学生の場合は学校にはウォーターサーバーがあるので、その水を飲んでいれば基本的には大丈夫です。

しかし、外出時などはフィリピンの衛生レベルは日本と比べるとその他の東南アジアと同じく低いものになっているのでやや注意は必要です。

レストランの水は大丈夫?

通常留学生が行くような外国人向けレストランの水は大きく分けると下記の2種類あります。

1.ボトルウォーター

食中毒

2.サービスウォーター

食中毒

1はその名の通りペットボトルに入った有料の水です。これはしっかり専門業者によって蒸留されているのでまず問題はありません。

2はお店によってウォーターサーバーの水を使っているところや、水道水を出しているところがあります。ただ、ある程度しっかりしたお店では水道から出しているように見えてもフィルターなどを使って飲めるレベルになっていることが多いです。

何も手を加えていないお店もあるようですが、外国人が行くようなお店ではすぐに問題になるで店側が避けるはずですし、そういった具体的な話も聞いたことはありません。僕もサービスウォーターを頼むこともよくありますが、今の所あたったことはありません。

氷が問題

東南アジアでよく言われる問題に氷があります。オーダーした水は大丈夫でも、氷を水道水で作っていたらその氷でお腹が壊れるというものです。

確かにフィリピンではビールにも氷を入れるのが一般的で、頻繁に氷を利用します。しかし、この氷も留学生が行くようなお店では業者から購入しているので問題がないケースが殆どです。

地元の人が利用する安いレストランでも、氷はかなり安く購入できる、お店に冷凍庫がないという理由から氷は業者から購入しているケースが結構あります。

氷の自家製と業者製の見分け方

この氷が自家製か業者製かを見極める方法があります。業者製の氷は下の写真のように真ん中に穴が開いています。

食中毒

これは機械で作るときにできる空洞とのことです。この空洞がある氷は業者が作っているのでまず問題ありません。

ごくまれに自家製の氷を見かける事がありますが、僕の経験上それが原因でお腹を壊したこともなく、一緒にいる友達も含めてそれが原因でお腹を壊した人はいません。

食中毒の本当の原因はわかっていない

もちろん、フィリピンでも食中毒やお腹を壊してしまう人も少なくありません。原因はいろいろと言われており、中にはシャワーの時に口に少し入った水が原因とか、うがいの時に水道水を使ったのが原因とか言う人もいるのですが、実はその殆どが予想でしかありません。

食中毒になって病院に行った際も、その原因をしっかり検査するには時間と費用がかかり、殆どの人はわざわざ原因の調査をせずに治療だけ受けて帰っていきますので病院側でも本当の原因を調べる事はしていません。

ですので、食中毒にかかった人が「たぶん○○じゃないか?」と言っているに過ぎない話で、実際のところはわかっていないのです。

心配し過ぎるのは良くない

フィリピンにも美味しいレストラン・料理はたくさんあります。上記のように外国人が行くようなお店で食中毒などになる可能性はかなり低くなっています。

もちろん、可能性0ではないのですが、それを心配し過ぎて折角の食のチャンスを潰してしまうのはもったいないかなと思います。

お腹の弱い人は整腸剤などを持ってくるのも良いかもしれません。そして、屋台のような場所では食事をしない事をおすすめします。

フィリピン留学は毎日長時間勉強になりますので、食事は非常に大きなリフレッシュとなりますので、是非いろいろと美味しいものを食べて充実した留学期間にして頂きたいと思います。

フィリピンネタ

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介