フィリピン留学

フィリピン留学で通学プラン

フィリピン留学は全寮制が大きな特徴となっています。

食事、洗濯、掃除も全て学校スタッフがやってくれるので(一部の学校除く)、勉強に集中できる環境になっています。

実はフィリピン留学でも通学プランがある

しかし、最近はリピーターの方やフィリピンにもともと住んでいるという方も多く、通学タイプで通える学校に行きたいという方も少しずつですが増えてきました。

基本的にはフィリピン留学は全寮制となりますので、通学は認められていないのですがニーズの変化と共に受け入れを許可をしている学校もでてきました。

しかし、実際に通学プランをとられた学生さんから、意外とデメリットもあるというフィードバックを頂くことも多くなってきたので、今回は見落としがちな通学プランのデメリットをご紹介します。

フィリピン留学での通学プランのデメリット

1.空き時間部屋でリラックスできない

授業がない時間やお昼休みなど、内部寮の学生さんは自分の部屋に戻りリラックスすることができますが、通学プランの方は食堂や自習室など公共エリアに滞在することになりますのであまりリラックスすることができません。

2.週末の食事が取り難い

内部寮であれば週末も食堂で気軽に食事がとれますが、通学のプランの方はキャンパスまで食事をしに行くことになるので、大体のケースで面倒になり外食してしまうということになります。

もちろん、外相は好きなものを食べられるのでメリットもありますが、食費がそれだけかかりますので中長期留学の場合は留学コストがぐっと上がってしまうことがあります。

3.洗濯物を持って来ないといけない

フィリピン留学は多くのケースで洗濯物は学校スタッフが無料で行ってくれます。通学プランの学生さんもこちらのランドリーサービスは利用できることが多いです。

しかし、通学のプランの方はまとまった洗濯物をキャンパスに持って来ないいけないので、荷物となり面倒というフィードバックがあります。

4.通学時間が渋滞の事が多い

特にセブの場合は、激しい通勤渋滞があります。学校は朝8時から始まる事が多く、渋滞のことを考えるとかなり早く家を出る事が必要になるケースも多々あり、朝があわただしくなってしまいます。

5.友達ができ難い事がある

これはその人の性格にもよりますが、頂いたフィードバックからすると通常寮で生活されている学生さんは集団生活となるため、外食や旅行の計画などは夜の空いている時間に立てたりすることが多く、比較的その場の流れで決まることが多いようです。

そのために、夜は外部の滞在先に戻ってしまう生活ですとその際にいないということになり、イベントに参加できないことが多くなり、結果として友達をつくるチャンスを逸してしますというケースも多々あります。

通学プランがおすすめの方はこんな人

以上の様に通学プランはいくつかのデメリットがあり、費用的にも外部のホテルに泊まるなどすると結果として内部寮より高くなることも珍しくありません。

しかし、下記のような方は通学タイプでも満足度は下がることは少ないと思われます。

1.リピーターの方で既に現地の感覚を身に着けている方

1度学校でまとまった期間留学をされていた人の場合は、現地や学校生活も熟知しており、生活ペースなども自分でしっかりコントロールできるので。

2.既にフィリピンに住んでいる方

最近増えているのが、このタイプの方。既に住居を確保されている方は、あえて学校内の寮に入るよりはそのまま通える学校を探した方が楽なので。

3.住居に特別なこだわりがある方

まれに住居に特別なこだわりを持っている方もおり、ホテルなどでも対応ができないという場合があります。そういう方の場合は無理して寮を利用してしまうと、勉強に集中できないというリスクが高まりますので、手間と費用はかかってしまいますが、通学プランで自分にあった住居を確保されることをおすすめします。

通学プランもご希望の方はお気軽にご連絡ください

フィリピン留学では通学プランが可能な学校はまだかなり数が限定されております。また、条件も学校により異なってきますので、ご希望の方はお気軽に「お問合せフォーム」からご連絡ください。

通学プランでも通常プランでもご希望にあわせた学校をご紹介します!

フィリピン留学,学校選びのポイント

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介