英語学習

フィリピン留学の落とし穴

フィリピン留学はマンツーマンを軸とする1日平均8時間授業の集中カリキュラムとなっています。

特に初級者から中級者の英語力の伸びは欧米留学より短期間に伸ばすことができると言われており、非常に人気が高くなっています。

確かに、留学当初は英語が全く話せなかった人が1~2カ月後には先生達と英語で談笑しているなんてことも良くあります。

よし!自分もフィリピン留学で英語力を伸ばそう!

と気合をものすごく入れて参加される方がおちいってしまう落とし穴があります。

今回はそんな落とし穴を紹介します。あらかじめ知っていれば避ける事ができますので、是非頭の片隅にでも覚えておいてください。

落とし穴1.留学開始時からアクセル全開!

多くの学生さんが留学開始時は非常にモチベーションが高いので、最初からアクセル全開で勉強に取り組む方も少なくありません。

しかし、特に初級者の方は授業ではいきなり英語環境になり、殆どの方がいきなり壁にぶつかります。

その上、生活面でも海外という慣れない新しい環境になりますので、自分ではそれ程感じてなくても脳には大きなストレスがかかります。

慣れるまでは特に何もしなくても、疲労は溜まるような状態で、それに加えて英語の長時間勉強。

その環境で最初からいきなり全力でやらないと!という思いが強すぎると、いきなりつまづき、その勢いがあればあるほど、その反動が大きくなり、一気に勉強へのモチベーションが下がってしまう事があります。

スポーツでもウォームアップが重要なように、留学にもウォームアップの時間が必要です。最初はまずは生活リズムを作ってみようという感じで、アクセルを軽く踏み、慣れてきたら徐々に加速させていきましょう。

落とし穴2.授業に出る事が目的になってしまう。

3週間以下の短期留学の学生さんは勢いで乗り切ってしまう方もいらっしゃいますが、中長期の学生さんの場合は必ず何度かスランプや、ストレスが溜まって授業に集中できないという時期が必ず来ます。

どんなに英語の勉強が好きな人でも疲れが溜まったり、プライベートのトラブルなどで集中力がなくなり、授業を受けるのが辛いと感じる事があります。

本来、そういう場合は少し授業数を減らす、または一定期間休みを取りリフレッシュするという方法が必要なのですが、真面目な学生さんは

「授業には全て出席しないといけない。」「貴重なお金と時間をかけてきたのだから授業に出ないわけにはいかない。」と考えてしまい、無理をして授業に出席してしまいます。

もちろん、そんな状態で授業を受けても学習効率は悪く、英語力を伸ばすことはできません。

しかし、このマインドに入ってしまうと授業に出る事が目的になってしまいます。

留学の目的は英語力を伸ばすことであり、授業に出ることではありません。

こういう時は、思い切ってリフレッシュの時間をしっかりとることで、その後学習効率を高めることができ結果として英語力をより高める事ができます。

参考:【英語力を効率的にアップさせるため、あえて勉強しない!】

落とし穴3.勉強をしていれば英語力は上がる続けると思ってしまう

フィリピン留学では毎日の長時間学習により、飛躍的に英語力を伸ばすことも可能となっています。

ですので、真面目な学生さんは日々授業+自習をして英語力をガンガン伸ばしていきます。

しかし、それでも英語力は一直線では伸びてはいきません。いくら勉強をしっかりしても、人間の脳のメカニズムとして、同じペースで勉強をしていても伸びない時期・停滞期が必ずあります。

これはダイエットの時の同じ事をしていても体重がグッと落ちる時もあれば全く落ちない時もあるというのと同じで、人間の体や脳はそのように作られているので当然のことなのです。

しかし、この事を知らないと「自分の勉強方法が間違っているに違いない」「勉強量が足らない」と思ってしまい、今までやってきた勉強法を否定してしまったり、無理な量の勉強をしようとして学習効率を下げてしまうケースが多々見受けられます。

英語力は下記の図のように、しっかり勉強していれば階段状に伸びていき、前半に文法・単語などをしっかり勉強していると、後半に点と点が線になり、一気に英語力が上がるケースが多くなっています。

 

フィリピン留学の落とし穴

英語の勉強は一生かけてやっていくもの

英語の勉強は広い意味では一生続けていくものとなりますので、焦りは禁物です。

真面目な学生さんほど焦ってしまったり、無理をしてしまいがちでせっかくの高い志が逆効果となってしまうケースも多々あります。

少しでも早く英語力を身につけたいという気持ちは重要ですが、フィリピン留学にも魔法はありません。焦らず着実に進めていくことが重要となります。

重要な事は英語力を上げたい・勉強したいという気持ち・モチベーションのキープです。

それがある限り必ず英語力は上げる事ができますので、是非焦らずフィリピン留学で効率的に英語力を伸ばしてもらえればと思います。

英語学習

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介