留学準備

留学をする際に最も気にするポイントの1つはやはり留学費用。

特に学校の授業料や寮費がUS$建て(US$表示)の学校の場合はお申し込みのタイミングによって日本円換算した留学費用が変わる事になります。

銀行の両替レートは平日1日1回変わる。

正確には為替は常に変化しているものですが、留学時に利用されるレートの多くは銀行指定のレートとなります。

銀行は平日1日1回その日のレートを発表します(大体午前10時頃)。

Yahooファイナンスなどでもレートを調べる事ができますが、そこで表示されるレートは金融機関同士で利用されるレートとなっており、銀行はこのレートに手数料を乗せて私たち一般の人が利用するレートを指定するためにレートが若干異なるのでご注意ください。

$1はどの位が平均なのか?

上記のようのに為替は常に動いています。

下記の表は2016年の1月1日~1月9日までの為替の動きです。三が日は銀行やお休みなので止まっていましたが、4日以降は急激な円高に動いているのがわかります。

為替

実質1週間で$1が120.20円から117.20円と3円も動いています。これは為替の動きの中でも激しく動いている時期となり、大きく円高に振れた後は、また一気に円安になる事も多くなっています。

では、一体いくら位が妥当なのかというご質問も多いのですが、一言で言うと「これという金額は決まっていない」となります。

ただ、目安としては直近の1年を動きをみると良いかと思います。

下記のグラフが2015年1月~12月までの為替の動きとなります。

為替

2015年の為替の動きは下記の通りになっています。

最低値:$1=117.55円
最高値:$1=124.75円
平均:$1=121.04円

ですので、大体120円を上回れば円安傾向(円で支払う金額が増える)、下回れば円高傾向(円で支払う金額減る)とみることもできます。

留学費用は為替レートにより大きく変わることがある

このレートによりUS$建ての学校の授業料などは変化することになります。円建て表示の学校は授業料などはかわりませんが、SSP、ビザ代などの現地支払い費用はこの為替の影響を受けます。

どの程度変わるかのか例を見てみましょう。

【条件】

学校:TAGET Global English Academy
期間:12週間
部屋タイプ:2人部屋
為替:$1=120円と$1=110円の場合

金額$1=120円の場合$1=110円の場合
入学金:$13015,600円14,300円
授業料+寮費:$4,140496,800円455,400円
合計:$4,270512,400円469,700円

以上のようになり、

差額が42,700円にもなります。

為替の将来の動きは誰にも分からない

となると、やはり為替レートが良い時(円高の時)に支払いを行いたいですよね。

僕の所にも「いつ頃が最も良い時期ですか?」というご質問がちょこちょこ届きます。

お気持ちはわかりますが、結論から言いますと

金融界のトップレベルの人でも確かなことはわからない

となります。もし、将来の為替の動きを確実に知る事ができれば、一瞬で億万長者になることができます。

テレビや雑誌などでも金融関係の専門家がいろいろとそれっぽい理由をつけて予想していますが、確実性は全くなく大きく外する事も多々あります。

今の世界経済は繋がっており、アメリカドルと日本円のレートも、全く関係のない国の出来事の影響も大きく受けます。

また、リーマンショックやテロ、大災害などの通常予測不可能な事で一気に流れが変わる事も珍しくありません。

運試しレベルに考えよう

ですので、いくら考えても答えはわかりませんし、今急激に円高になっているのでもう少し待とうと思った矢先に、急激な円安が来てしまう事も多々あります。

したがいまして、我々素人としてはここは考えないか、運だめし程度に気楽に考える事をおすすめします。

為替の心配をするならば、その間に英単語を覚えた方がよっぽど建設的です。

当社なら支払いは入学の5週間前までなので為替を見る時間的猶予がある

とはいっても、少しは自分でも納得がいくレートで支払いたいので時間的に余裕が欲しい。

という人もいるかと思います。当社のお支払いのタイミングは5週間前まで(5週間以内のご入学の場合は1週間以内のお支払)となっておりますので、例えば半年後のお申し込みをされた場合は4-5カ月はお支払いまでお時間を取る事ができますので、その間に何か円高になることがおこれば、そのタイミングでお支払ということも可能になっています。

学校によってはUS$建ての料金ですが、お申し込み時のレートで学校が円に計算してくれて円建てでのご請求書になっている学校もあります。この場合はその後の為替の影響はうけないので勉強に集中できますね(笑)

キャンセル料金も無料

もちろん、お支払前のキャンセルではキャンセル料金は一切ご不要です。お支払い後のキャンセルは学校の返金規則に則り返金となり、その際も当社はキャンセル料金を頂いておりませんのでご安心ください。

フィリピン留学をご検討のかたは、是非お気軽に「お問合せフォーム」からご連絡ください!

留学準備

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介