英語学習

TOEICの変更点

2016年5月29日よりTOEICの出題形式が変更になることが発表されました。

難易度は変わらないのですが、出題形式が変わるので今までのテクニックが使えなくなるところもありますので、TOEICのスコア取得を計画している人はご注意ください。

より実際的(オーセンティック)なコミュニケーションを重要視する内容に変更となります。

もっとも大きい変更は下記のポイントです。

1.テキストメッセージやチャットなどで利用されている、コミュニケーション内容が出題される。
確かに、最近はテキストでのやり取りも増えてきていますね。

2.今まで2人の会話での出題だったが、3人以上の複数の会話形式も出題される。(おそらくPart3の部分)
実際のオフィスシーンでも3人以上の会話は多いので必要なスキルです。

3.地図やグラフなど視覚素材と会話の情報を関連づける問題が出題される。
会議などではよくあるシーンなので英語力が試されるところですね。

より日常およびビジネスシーンにおける英語力を測定することができる内容へ変更となります。

新TOEICの変更点の詳細

では、出題形式変更の詳細をみていきましょう。

TOEIC公式WEBに下記の変更点が発表されています。

TOEICの変更点

【リスニングセクションの変更点】

1.写真描写問題(Part 1)が10問→6問に減ります。

2.応答問題(Part 2)が30問→25問に減ります。

3.会話問題(Part 3)が30問→39問に増えます。

4.会話問題中に、短くした表現のやり取りが加わります。(gonna、wanna、gottaなど )

5.Fragments(文の一部分: Yes, in a minute、Down the hall、 Could you?など)を含む会話が含まれます。

6.3名以上での複数人での設問が出題されます。

【リーディングセクションの変更点】

1.短文穴埋め問題(Part 5)が40問→30問に減ります。

2.長文穴埋め問題(Part 6)が12問→16問に増えます。(1つの文章に含まれる設問が3問→4問に増えます。)

3.文書の全体的な構成を理解しているか問う質問が出題されます。具体的には、下記の2点。

(1)長文穴埋め問題で、文書内の空欄に最も適切な一文を選ぶ問題

(2)読解問題(Part 7)で、文書内に新たな一文を挿入するのに最も適切な箇所を選ぶ問題

4.テキストメッセージやチャットなどオンライン形式で複数人がやり取りを行う際に利用される表現が出題されます。

5.文書中で書き手が暗示している意図をくみ取る質問が加わります。

TOEICスコアがすぐに必要な人は出題形式が変わる前に受験を

TOEICは出題傾向をしっかり把握して対策を立てれば、そのスキルでTOIECスコアは100点程度上乗せすることができます。

逆にいえば、スキルをしっかり身に着けている(現在のTOEIC形式の対策をしている)方はTOEICの形式が変わることで、100点程度スコアが落ちてしまう可能性もあります。

新しい出題形式の対策本が出るまでは、どんなに早くても数カ月はかかりますのでその間は実力でスコアを取らなくてはいけなく、スキルでカバーする範囲が少なくスコアだけでみると不利になります。

したがいまして、TOEICスコアが必要な方は2016年4月までの受験をおすすめします。

フィリピン留学で短期間でTOEICのスコアアップ&実践的英語力アップを!

フィリピン留学はTOEIC対策&実践的な英語力アップを狙える環境が整った学校も数多くありますので、是非短期間で英語力とTOEICのスコアを高めたい方は下記のページをチェックしてみてください。

おすすめの学校詳細&料金詳細も紹介しています!

【フィリピン留学でTOEIC対策のおすすめ学校はココだ!2016年版】

 

英語学習

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介