フィリピンネタ

ミスユニバース

2015年のミスユニバースでフィリピン代表が優勝

毎年行われるミスユニバースで今年はフィリピン代表のピア・アロンゾ・ウォルツバックさんが優勝しました(上の写真)。

フィリピンは美人が多い国としても有名で、毎年ミスユニバースでも上位に食い込むことが多いとのこと。フィリピンは今回で3度目の優勝となります。

しかし、優勝は1973年以来となるのでフィリピンとしても歴史的快挙といえます。

優勝者を間違えて発表

今回のミスユニバースにも日本代表は参加していますが、残念ながら決勝には残れませんでした。しかし、それでも今年のミスユニバースは日本でも非常に大きなニュースとして扱われました。

その理由は司会者が優勝者を間違えるという前代未聞の事態が起こったからです。

優勝者の発表の際に2位のコロンビアを優勝と発表してしまい。王冠までコロンビア代表の頭に乗せてしまいました。

しかし、その後それが間違いであるという発表がされ、改めてフィリピン代表が優勝とアナウンスされました。

これは国籍問わず、候補者は人生を掛けてきている人たちなのでさすがにはあってはならないミスだなと思いました。

しかし、このミスに気が付いた時の担当者の焦りは相当なものだったと思います。僕も仕事で大きなミスをしてしまう事もあるので、その気持ちを考えると胸が痛くなります(汗)

フィリピンではミスコンの注目度が日本の比ではない

今回ミスユニバースについての記事を書いているのですが、実は僕はほとんどミスユニバースに興味がありません。そもそもミスユニバースの大会がいつ行われるのかも知りませんでした。

しかし、この大会の翌日職場にいくと、フィリピン人スタッフがみなこの話題で持ち切りでした。Facebookでもフィリピン人の友達が次々のこの話題でもりあがっていて、僕のFacebookはあっという間にこの話題でいっぱい。Facebookジャックではないかという勢いでした(笑)

ミスユニバースの注目度は日本の比でありません。

フィリピンでは大学や高校などでもミスコン(ミスターダンディーも?)が頻繁に開催されるようで、会社のパーティーでも行われることも珍しくないようです。

そういえば、ショッピングセンターでも地元のミスコンが行われているのをちょこちょこ見かけます。

フィリピンではミスコンは非常に身近なもののようです。

留学は視野を広げるチャンス

フィリピン留学に限った事ではないのですが、留学は旅行と違い、実際のその国での生活をすることになります。また先生や学校スタッフをはじめ現地の人との交流も自然と多くなるので、今回のようなお国柄なども自然と学ぶことができます。

今回のミスユニバースの話に限らず、このような文化の違いに触れ物事を考えるのは非常に良い経験になります。

フィリピンは日本から飛行機で4~5時間と近い国ですが、その文化は日本とは全く異なっており、発展途上国ということもあり、留学中は外から日本の事を考えることが多くなるので、日本の良い面、悪い面を客観的にとらえることができ、視野を広げる事ができます。

フィリピン留学の際は英語はもちろん、英語だけではなく文化なども学んで視野を広げてもらえればと思います。

フィリピンネタ

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介