留学準備

海外旅行保険

海外に行く際に重要になる海外旅行保険。

フィリピン留学の場合は一部の学校を除いて必須ということはありません。無保険でもフィリピン留学に参加することはできます。

しかし、やはり病気や事故はいくら注意していても突発的に起こる事が殆どですし、過去に1度も病気や事故に遭っていないという方もその過去は未来をなんら保証しません。事が起こってしまってから後悔しても遅いので、フィリピン留学時には保険に入る事を強くおすすめします。

フィリピンの医療費は高い

物価は日本の1/5~1/3とも言われるフィリピンですが、医療費は日本と比べてさほど安いわけではありません。我々外国人が利用する私立の病院は設備も整っていますが、費用も高くなっています。

また医療費はしっかりした料金表があるわけではなく、我々外国人には地元フィリピン人よりも高い料金を請求されることが多くなっています。もちろんこの状況は望ましい状況ではありませんが、発展途上国ではなかなか避ける事ができない状況となり、また緊急の入院や手術が必要な状況では、料金の事で交渉などしていられないという現実もあります。

風邪などの簡単な診療では数千円程度で収まりますが、個室での入院となれば1日数万円、手術となれば数十万円程度請求されることも多々あります。

手術には保証金が必要

フィリピンで手術を受ける際は保証金を手術前に支払う必要があります。保証金は病院によってことなるようですが大体40,000ペソ(約10万円)となっています。

保証金を払えないと例え交通事故などで大けがを負っていたとしても何もしてくれません。また基本的に10万円などの高額の現金を持ち歩いている人は殆どいません。ですので、病院に運ばれた際に無保険の場合は誰かに持って来てもらう事になります。

それで命を落とすリスクもあります。日本では考えられない事ですが、いくら日本では!と主張しても海外では意味がありません。

保険に加入していれば、保証金はそこから支払われるために、直ぐに対応してもらえますので保険は非常に重要になります。

フィリピン留学時の病院関係はジャパニーズヘルプデスクが日本語でサポート!

留学地としても人気のセブとマニラにはジャパニーズヘルプデスクという、病院の通訳サービス・受診、検査などの予約などを提供をしてくれるサポートデスクがあります。緊急時は24時間対応してくれるとあり、留学生にも非常に心強い存在です。

ジャパニーズヘリプデスクのサービスも通常は有料ですが、保険に入っていれば無料で利用する事ができます。

日本の大手保険会社の保険であれば大体使えるのですが、東京海上日動火災保険のものだけはキャッシュレスサービスが利用できませんので、一旦全額の支払いを行い後日保険会社に請求をかける形になりますので、できればその他の保険に入る事をおすすめします。

参考:【セブ留学中に病院に行く事になった際の強い味方ジャパニーズヘルプデスク!】

おすすめの海外旅行保険

保険会社は多くありますが、当社は信頼と実績のある大手保険会社AIUをおすすめしています。

おすすめ理由
・申し込みは出発当日でもOK
・24時間サポートを日本語受ける事ができる(医療以外もパスポート紛失、賠償事故を起こしてしまった時などにも対応)
・フィリピン+オーストラリアの2カ国留学も1つの保険で両国分をカバーできる
・世界各国でキャッシュレスサービスを受ける事ができる

参考:【AIUの保険のお見積もり・お申込みページ】

※お申込みの際のご注意
継続的なサポートのためにお申込みが完了しましたら、保険会社からの確認メールが届きますのでそちらを当社まで転送をお願いします。

クレジットカードの付帯保険を利用する

カバー範囲は狭まっても、保険料は最低限に抑えたいという方はクレジットカード付帯の保険を利用するのも選択肢の1つとなります。

こちらは、基本的に保険期間は3ヶ月となりますので3ヶ月以上の留学の場合は4ヶ月目から無保険となってしまうのでおすすめできませんが、短期留学の場合は選択肢に入ってきます。

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードは複数ありますが、おすすめは楽天カードです。

楽天カードがおすすめの4つのポイント
1.年会費が無料
2.オンライン手続き可能
3.携行品の損害もカバーしている
4.加入審査が厳しくない

楽天カードの注意ポイント

楽天カードの注意ポイントとして、楽天カードの付帯保険は「利用付帯」であるという点です。
利用付帯というのは、保険を利用する旅行代金をそのクレジットカードを使って決済することで保険が利用できるようになるものです。
具体的には楽天カードで、フィリピンへの航空券や空港に行くための交通機関(電車、バス、タクシーなど)の支払いを行う必要があります。
こちらを行わなかった場合は、保険が使えないという事になりますのでご注意ください。

旅行に関する決済をしなくても保険が使える「自動付帯」タイプのクレジットカードもあります。楽天の場合は年会費のかかるゴールドカードの「楽天プレミアム」であれば自動付帯となります。また楽天プレミアムをお持ちの方は空港のラウンジも利用できるので検討しても良いかと思います。

参考:楽天カードお申込み公式WEBサイト

その他、クレジットカード付帯の保険の場合は実際に保険を利用する際に利用方法をわかりにくい事があります。ですので、出発前に実際保険を利用する際はどのような手続きになるのかをあらかじめ該当のクレジットカード会社にご確認いただく事をおすすめします。

歯は保険の対象外

大手保険会社の海外旅行保険は非常にカバー範囲が広いですが、一部の特殊なものを除いて歯は保険の対象外となります。

フィリピン留学中に歯医者に行く際は基本的に無保険で歯医者に行くことになりますので、できる限り日本で歯科検診を受け虫歯などはしっかり治してから渡航されることをおすすめします。

どうしても、セブ留学中に歯医者に行くことなってしまったら日本語の通じる歯医者さんがありますのでご参考にしてください。
【セブで日本語の通じる歯医者に行ってきました!】

フィリピン留学の際は万が一の際に慌てたり、後悔しないために必ず海外旅行保険に加入されることを強くおすすめします。

留学準備

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介