フィリピンネタ

週末ショッピングの注意点

フィリピン・セブ留学中にはスーパーマーケットで買い物をすることも多いかと思います。

その際に1点注意したいポイントがあります。

週末はビニールの袋ではなく紙袋

平日の買い物の際は日本と同じくビニール袋に入れてもらえます。しかし、週末(土日)は紙袋となります(場所により例外あり)。

はっきりした理由は分からないのですが、身近なフィリピン人に訊いたところ、ゴミを減らす(環境保護)のためとのこと。日本では燃やしても有害物質がでないビニールが使われていることが多いのですが、フィリピンはまだそのようになっていないためと予想されます。

しかし、この紙袋が意外と曲者となります。曲者ポイントは下記の2点。

1.複数の袋を持つのが難しい

買物の量が多いと袋が3つ4つに分かれます。ビニール袋であれば指に複数の袋をひっかけることができますが、紙袋ではそうはいかず複数の袋を持つことは困難です。

2.冷たいものを入れると袋が破ける

冷たいドリンクやアイスなどを購入した際、フィリピンは常夏なので外に出て数分もすれば水滴がついて紙袋が破ける事があります。

一応冷たいものは紙袋を2重にしてくれたりもするのですが、移動時間が10分~15分となるとそれでも破けることがあります。
袋が破けると荷物を運ぶのが極めて困難になるので、移動時間が長い場合は注意が必要です。

箱に入れてもらえる

上記にように紙袋は何かと不便です。特に荷物の量が多い時は紙袋だと物理的に持ち帰ることが不可能となることもあります。

そういう時におすすめなのが、箱に入れてもらうサービスです。ある程度量があるときはレジで「BOX Please」と言うと箱に荷物を入れてもらえます。しかも持ちやすいように梱包までしっかりしてくれるので非常におすすめ(もちろん無料)。

量が多い時は荷物はタクシー乗り場まで運んでもらえる

留学生の場合はあまり無いケースかと思いますが、大量の荷物を購入したとき(8袋以上ある場合など)はスタッフがカートに入れてタクシー乗り場まで運んでくれます。

基本的には無料のサービスですが非常に助かるサービスなのでチップとして10ペソ(約25円)程度渡すとスマートです。

フィリピンネタ

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介