留学準備

日本では携帯電話は手放せない必須アイテムの1つとなっています。

フィリピン留学の準備の際フィリピン滞在中は携帯電話はどうすればいいんだろう?という疑問を持たれる方が多くいます。

そこで、今回はフィリピン留学中の携帯電話について解説します。

フィリピン留学中は携帯電話はいらない?

フィリピンではもちろん日本の携帯電話は基本的に使えません。

では、他の学生さんはフィリピンの携帯電話を持っているのかと思いきや、意外な事に90%程度位の学生さんは持っていません。

実際に学生さんに携帯電話が無くても大丈夫なのかと質問しても、生活では全く問題ないという回答が目立ちます。

フィリピン留学中に携帯が不要な理由

では、なぜ携帯電話が不要なのかというと下記の2つの理由があります。

理由1.全寮制
フィリピン留学は基本的に全寮制となっており、友達は全員同じ寮内で生活しています。
部屋番号が分かれば直ぐに会いに行く事もできます。
※一部の学校は男女によってエリアが分かれていることがあり、その場合は異性のエリアには入る事ができません。

理由2.連絡のやり取りはLINEで完了する
学校には基本的にフリーWi-Fiがありますので、待ち合わせやちょっとした伝言はLINEでやりとりをすることができます。
LINEでも通話ができますので携帯がなくても特に問題はないという状況になります。

インターネット接続は日本のスマホを利用できる

日本でも今はかなり多くの方が携帯電話はスマホとなっていて、携帯電話の機能は通話以外インターネット閲覧機能も必須となっています。

インターネット接続については日本のスマホがそのままフィリピンでも利用できます。

電圧は日本とフィリピンで異なりますが、現在のスマホは海外対応になっているので充電もそのまま出来便利です。ソケットの形も日本とフィリピンは同じA型となっているのでそのまま差し込むことができます。

フィリピンではフリーWi-Fiスポットが非常に多い

日本ではあまりフリーWi-Fiは浸透しておらず、プリペイド式になっている事が多いのですが、フィリピンではカフェやレストラン、ホテル、ショッピングセンターなどでフリーWi-Fiが使える事が多くなっています。

ダウンロードスピードは決して速くないのですが、LINEでのやりとり、メールチェック程度であれば問題なく行う事ができます。
フィリピン国内のフリーWi-Fi事情は下記にページにまとめていますのでご参考にしてください。
【フィリピンのフリーWi-Fi事情について】

インターネットヘビーユーザーにはポケットWi-Fiがおすすめ

外出時の移動時間にも常にネットをチェックしていたい。寮の部屋のWi-Fiは繋がらない事やすごく遅いこともあるので、費用が掛かっても出来る限り快適なネット環境を確保したい。

と言う方にはポケットWi-Fiをおすすめします。現在フィリピンでもLTE対応のポケットWi-Fiが発売されており快適なネット環境を確保しやすくなっています。

料金は2015年10月現在はデバイスは約9,000円、月額約2,500円(使いたい放題)となっています。1ヶ月以内の短期留学の場合は割高感がありますが、長期滞在の方の場合はネット接続のストレスを考えると十分に検討に値shます。

ポケットWi-Fiの購入方法などは下記のページにまとめているのでご参考にしてください。

【フィリピン留学で大活躍高速インターネット/Wi-Fi LTEを買ってみた!-購入・設定編-】

緊急時は国際ローミングサービスを利用

空港ピックアップ時に学校のピックアップスタッフが見つからない!

至急で日本の家族に電話をしなくてはいけなくなった!

と言ったフィリピン留学中にどうしても緊急で学校や日本に電話をかけないといけないというケースが稀にあります。

こういった場合は「国際ローミングサービス」を利用することができます。

この方法であれば日本の携帯電話から、フィリピン国内や日本に電話をかけることができます(データー通信も可能)。

しかし、国際ローミングサービスは料金が高いので、短期滞在時や緊急時以外で日常的に利用するのは現実的ではありません。

国際ローミングサービスの利用詳細は各携帯会社にお尋ねください。

また、最近はLINEで学校スタッフと連絡が取れるという学校も増えてきました。マニラやセブ空港ではフリーWi-Fiがありますのでピックアップの際のトラブルもLINEでやり取りが可能なケースもあります。

どうしてもフィリピンの携帯電話が必要な場合は?

あまり多くはないケースでが、どうしても携帯電話が必要になるケースがあります。それは学校外でフィリピン人の友人ができたりして、SMSでやり取りをしたいという場合です。

SMSを利用する場合はフィリピンのSIMが使える携帯電話が必要となってきます。

フィリピンの携帯電話には月額式とプリペイド式の2つがありますが、留学生にはプリペイド式の携帯電話がおすすめです。

プリペイド式の携帯電話はショッピングセンターなどに行けば簡単に購入する事ができます。

安いものであれば500ペソ(約1,250円)程度からあります。SIMカードは40ペソ(約100円)程度となりこちらもショッピングセンター内で購入できます。

リチャージカードもSIMカードのお店で販売されているので、同時に購入しておくと便利です。リチャージカードの種類は100ペソ(約250円)、300ペソ(約750円)、500ペソ(約1,250円)の3種類となっています。

2カ国留学(欧米)の場合は携帯は必須

現在はフィリピン留学の後にオーストラリアを中心とする欧米に行く2カ国留学が非常に盛んになっています。

欧米での生活の場合は日本と同じく携帯電話は必須アイテムとなります。アルバイトやシェアハウス探しなどの際は携帯電話がないと応募することすらできないというケースもあります。

フィリピンで購入したプリペイド式の携帯電話は基本的にSIMフリーなので欧米でも利用する事ができます(一部できないものもあります)。

もちろん、オーストラリアなど2カ国目に到着してから携帯を購入するプランが主流ではありますが、フィリピンで携帯を購入されたかたは、持って行くと利用できますので便利です。

留学準備

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介