留学準備

フィリピン留学準備の際に気になるのが、パソコンや携帯などはフィリピンでそのまま使えるの?という疑問。

今回はその疑問にお答えします。

日本とフィリピンは電圧が違う

日本の電圧は100vに対して、フィリピンの電圧は220vとなっています。

日本仕様の家電製品をそのまま使うと、一瞬でショートして使えなくなってしまいます。

フィリピンで使える日本製家電もある

しかし、学生さんが留学中に必要とする主な家電アイテムのパソコン、携帯・スマホ、デジカメなどは基本的に最初から海外仕様になっており、電圧が100v~240vまで対応できるようになっています。

したがって、フィリピン留学中そのまま使うことができます。

ドライヤーは現地購入がおすすめ

その他、学生さんが必要とする家電アイテムにヘアドライヤーがありますが、ドライヤーは一部の海外仕様モデル以外は、電圧の違いから日本のドライヤーをそのまま使うことはできません。

変圧器を利用すればフィリピンでも使うことはできますが、ドライヤーの消費電力は大きく、対応する変圧器も大きくそして重くなりますので、現実的ではありません。

フィリピン現地でもドライヤーは5,00ペソ(約1,250円)程度で購入できますので現地購入をおすすめします。

学校によっては寮の部屋にドライヤーが備え付けられているところもありますので、チェックしてみてください。

プラグの形は日本と同じ

フィリピンのプラグの主流な形は日本と同じA型(平型のピンが縦に2つ並んだタイプ)となっています。

したがって、そのまま日本製の家電のプラグをソケットに差し込むことができます。

フィリピンではC型も使われている事もあるのですが、学校やホテルでは基本的にA型が主流となっています。

したがって、特に変換プラグは持参する必要はありません。

留学準備

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介