フィリピンネタ

チップ

海外に行く際に気になるポイントとしてチップがあります。

日本にはチップの文化が無いので、どうやって渡したらいいのか、どの位渡したらいいのか分からないというご意見をよく頂きます。

今回はフィリピンでのチップについて説明します。

フィリピンのチップの文化は緩い

フィリピンにもチップの文化はあります。

アメリカ統治時代にチップの文化が持ちこまれたようですがそれが完全に根付く前に独立したので、アメリカほどチップの制度が根付いていません。ですので、チップを渡さなかったからと言ってお店のスタッフが接客後そばを離れないという事は殆どなく、払っても払わなくてもどちらでも良いという状況が多くあります。

チップを渡す時はどんな時?

しかし、チップを払った方がスマートであるケースもあり、その代表的なケースは下記のものとなります。

高級レストラン

高級レストランでは会計時に5%~10%程度チップとして払う(置いて帰る)と良いですね。

高級店では無くても接客が良かったり、気持ち良く食事が出来た場合もチップを払うケースも多くあります。

マッサージショップ

フィリピンではマッサージが非常に安く受けられます。カジュアルなマッサージショップなら1時間200ペソ(約500円)程度となっていますので、留学生も多く利用しています。

最後にお茶か水をもらえる事がありますが、その際にチップとして20ペソ(約50円)程度払うのが一般的です。

タクシー

フィリピン留学中の移動手段は主にタクシーとなります。料金は初乗りが40ペソで3.5ペソずつ上がっていきます。会計時にピッタリあれば問題ないのですが、結構お釣りが無いと言われるケースもあります。

丁寧な対応をしてくれた場合などは10ペソ(約25円)以下端数はチップとして払うとスマートです。因みにフィリピンの人達は基本的には親日家なので、日本人だというと突然優しくなったり、いろいろと話してくれたりします。

荷物を運んでもらった時

ホテルや空港、ショッピングなどの時に重い荷物をスタッフが運んでくれることがあります。その際は20ペソ(約50円)程度支払うといいですね。物凄い重い荷物を結構な距離運んでくれた場合は50ペソ(約125円)以上支払っても良いですね。

ホテルのベットメイキング

これも必須ではありませんが、高級ホテルなどの場合は20ペソ(約50円)程度、枕銭として置いておくとスマートです。一般的なホテルでは無くても良いですが、ちょっと部屋を散らかしてしまった場合などはチップを置いておくと気持ち良く清掃してくれますのでおすすめです。

チップのまとめ

上記の様にフィリピンには緩いですがチップの文化があります。

チップの金額の目安としては下記のものとなります。

ホテルのガードなどにタクシーを呼びに行ってもらうようなちょっとした頼みごと5ペソ~10ペソ
(約12.5円~25円)
重い荷物を少し運んでもらう、気持ちいいサービスをしてくれた場合など10ペソ~20ペソ
(約25円~50円)
非常に助かった、感謝の気持ちをしっかり表したいなどの場合50ペソ~100ペソ
(約125円~250円)

一般的に接客業のスタッフの日給は地域やお店によっても変わりますが、300ペソ~500ペソ(約750円~1,250円)程度となっています。

もちろん、この賃金では生活は厳しいことが多くなります。ですので、彼らにとってチップは非常に大きな意味を持ちますので、良いサービスを提供してくれた場合などはチップを払うことで感謝の気持ちを表すと良いですね。

フィリピンネタ

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介