オーストラリア留学

在留届とは?

旅券法第16条により定められているもので海外に3か月以上滞在する日本人に対してその住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館(在外公館)に提出を義務付けられている届出

在留届を提出する4つのメリット

①海外で事故や、災害に遭ったと思われる時、安否確認、緊急連絡、救援活動、留守宅への連絡をスムーズに行ってもらえます。

②「海外で事故にあったのでは?」といった留守宅からの安否確認に対しても早く確認ができるようになります。

③在外選挙人登録など領事窓口サービスを受ける際もスピーディーに処理ができます。

④海外にいる日本人のための長期的な教育・医療など施策を政府が検討する際の基礎的な資料ともなります。

どのように提出するの?

基本的には下記のWEBページ(日本語)から提出します。24時間365日いつでも提出可能です。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/

在留届

その他在外公館へ直接行く、FAX、郵送でも提出する事が可能です。

いつ提出するの?

現地で住所が決まってからです。あらかじめ滞在住所が決まっている場合でも、現地に到着後提出してください。

3カ月以内の滞在の人も提出できるの?

できます。該当の地区で緊急事態が発生した場合には、日本国大使館や総領事館よりメールによる通報や迅速なサポートが受けられます。

在留届を出さないとどうなるの?

罰則はありません。しかし、大災害大きな事件、事故があった時にあなたがそこに住んでいる事を日本政府は把握できません。したがって緊急事態の際に安否確認や留守宅などへの連絡を行う事ができません。

またパスポートを紛失した場合などの対応で在留届が未提出の場合発行が遅れる可能性があるなどののデメリットもあります。

在留届にはどのような事を書くの?

氏名、本籍、海外での住所、留守宅の連絡先、パスポート番号、同居家族(配偶者・子ども)などになります。

在留届は公表されますか?

提出者のプライバシーを守る為に公表はされず。管轄部署で厳重に管理されます。

引越しや帰国した時はどうするの?

引越しや帰国の際には上記のサイトから「変更届」「帰国届」を出す事ができますの帰国の際などは必ず提出してください。

留学時に周りの友達にも教えてあげてください。

特にフィリピン留学をされる方の中には在留届をしらない学生さんも多いので、留学の際に周りの日本人の学生さんで3ヵ月以上の留学の方がいましたら是非教えてあげてください。

オーストラリア留学,お役立ち情報,フィリピン留学

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介