フィリピン留学

teachers-changed-system

フィリピン留学にはたくさんのメリットがありますが、そのメリットの1つに先生のチェンジ(変更)が出来るということがあります。

1日に4-6名の先生から学ぶ

フィリピン留学は基本的に1-2時間ごとに先生が変わり、平均1日4-6名の先生から授業を受ける事ができます。

フィリピン留学はマンツーマン授業が主体になりますので、先生のとの相性や、その分野のスペシャリストの先生から教えてもらう事ができます。

これは欧米留学にないスタイルです。

相性の合う先生を選ぶ事ができる

フィリピン人の先生は皆フレンドリーで南国気質のオープンな性格で肩の力を抜いて自然体で授業を受ける事ができます。

しかし、もちろんフィリピン人の先生にもさまざまなタイプがいます。

例えば、初級者の学生さんでまだ上手く自分の言いたい事を言えなくても、それをうまく察して話を誘導してくれる優しいスタイル。逆に中級者以上の学生さんに嬉しい間違いをどんどん指摘して修正してくれる先生。話のネタを豊富に持っており話をどんどん盛り上げてくれる先生などさまざまなタイプの先生がいます。

自分の求めるスタイル、その時の英語力などによって相性の合う先生を選ぶ事ができます。

先生のチェンジしすぎは逆効果

ただし、いくらチェンジができるかといってチェンジのしすぎは継続的な勉強ができなくなり、英語力の向上の足かせになってしまいます。

「友達があの先生が良いと言っていた」、「詳しくはわからないけど人気がある先生だから自分も習ってみたい」ということで、コロコロ頻繁に先生をチェンジする学生さんがたまにいます。

今習っている先生に問題があったり、どうしても合わないということであれば仕方ないのですが、今習っている先生に問題が無ければチェンジはおすすめできません。

先生の人気と実力は必ずしも一致しない

人気のある先生に教えてもらいたいという気持ちはわかるのですが、人気のある先生が英語力を伸ばすことに必ずしも長けているというとそうではありません。

授業を盛り上げるのが上手い、聞き上手だからということで人気になっている先生もいます。逆に英語力が非常に高く、的確な授業を行ってはいますが、授業の盛り上げるスキルが今一な為に実力はあるのに、人気はいまひとつという先生もいます。

ただ、この場合実際に学生さんの英語力の伸びという事にフォーカスした場合、後者の先生の方が学生さんの英語力の伸び率が高いことも珍しくありません。

現在の先生に問題が無い場合は、継続することをおすすめします。

先生のとの関係性を作る事が重要

特にマンツーマン授業が主体となるフィリピン留学では先生との人間関係もまた重要になってきます。やはり、初対面、関係が浅いとお互いの求めるものがしっかり理解できないので希望とは外れた授業になってしまう事もありますし、先生を頻繁にチェンジすれば、その度に自己紹介をすることになり、授業の進捗がそれだけ遅れます。

逆に関係性が深まってくれば自分の求めるスタイルで勉強することができ、一貫した授業を受ける事ができますので効率的に英語力を伸ばすことができます。

是非あなたも自分と合う信頼できる先生をみつけて効率の良い勉強環境を作ってください。

フィリピン留学,メリット

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介