フィリピン留学

short-term-ryugaku

夏休みやゴールデンウィークを使って1~2週間留学を検討しているのですが、1~2週間の短期留学って意味がありますか?

というご質問もフィリピン留学がメジャーになってきてから特に多く受けるようになっています。

結論から言うと「絶対にあります!」

その理由は大きく分けると下記の5つになります。

①英語に対するモチベーションが急激に上がる

これは最大のメリットとなります。

英語の勉強のコツは突き詰めると「いかにモチベーションを維持するか」という事に掛かっています。

常に高いモチベーションをキープするのは難しく、日本で「よし!英語を勉強しよう」と思っても、1カ月もすれば日常の忙しさにいつしかモチベーションが低下していたなんてことは誰でも経験しているのではないでしょうか。

フィリピン留学は1日平均8時間英語漬けで、その多くがマンツーマン授業となりますので嫌でも英語に徹底的に触れます。

そこで、自分の英語力の無さに気が付く人もいれば、外国人に初級の自分の英語でも通じたという自信を付ける人もいますし、その両方を感じる人もいます。

共通していえることは、英語を使うチャンスがふんだんにあり、英語を使う意味を実感してもらえることです。

英語の勉強において、英語を使っている自分がイメージできない状態でモチベーションを維持するのは難しいです。

英語を実際にしっかり使うことで、そのイメージが具体化しモチベーションが上がります。

②1週間でも効果を実感できる!

1週間では効果は感じられないという意見が多いですが、それは目標を絞らず授業をすすめてしまっているからです。(もちろんそれが間違っている訳ではありません。トータルの英語力を付けるには必要なことです。)

しかし、1週間でも効果を実感できる方法があります!

それは「目標を絞ってそれを徹底的にやりクリアする方法」です

初心者であれば「3分の自己紹介をしっかり出来るようにする」という目標に絞り1週間徹底的に勉強します。

3分の自己紹介って実際にやってみると結構長く、いろいろな事を混ぜないといけません。

初級の方であれば最初は30秒の自己紹介すら危うい状態だと思います。そこで、自分の自己紹介に必要な単語と文法を覚え、文章をつくり、徹底的に授業で繰り返してください。

もちろん最後は全て暗記して、その文章は流ちょうに口から出るまでやってみてください。

卒業時に、最初は全く自信がなかった英語での自己紹介が完璧に出来るようになっているはずです。

自己紹介はあちこちで使う事もあります。この方法は自信もつけられますし、達成感があり、自分の英語力が向上したことが実感でき、モチベーションがあがります。

中級以上の方であれば、自分の興味のあるトピックのプレゼンテーションなどに挑戦するのも効果的です。

③圧倒的な勉強量

フィリピン留学は1日平均8時間授業、しかもその多くの授業がマンツーマン。ナイトクラスや自習時間を入れれば10時間以上になることもしばしばです。欧米留学はフルタイムでも1日4時間のグループ授業です。

1日8時間として週5日授業で合計40時間の授業時間。日本では1日2時間勉強できれば良い方ですから、5日で10時間。その勉強量の差は歴然です。

1-2週間と言ってもその勉強量・英語に触れる時間は欧米留学、日本での勉強の環境の何倍もの密度になり、1-2週間だからとあなどる事はできません。

④共通した目的を持つ仲間を作れる

フィリピン留学は基本的に全寮制で24時間英語を勉強したいという同じ目標を持つ人達と生活することになります。

1週間の留学であっても、いろいろと交流する機会があります。

日本で会う人達は大体自分と近い環境の人達です。しかし、英語学校では、年齢も経歴もバラバラで日本ではまず会う事が無かったであろう人達と出会う事ができます。

世界旅行をしている旅人、バリバリのビジネスマン、転職中の人、職人さん、リタイヤ後第二の人生を楽しんでいる人などその幅は非常に広く、日本ではまず交流がないグループの人達ですが、同じ目的を持ち一緒に生活することにより、外食したり、週末に一緒に旅行に行ったりと交流し、様々な刺激を受ける事ができます。これは日本ではなかなか経験できないことで、自分の視野を広げる事にもつながります。

もちろん、卒業後もFacebookなどで繋がって交流を続けている人も多いです。

⑤外国人の友達が作れる

日本で外国人の友達がいるという人は全体的にはまだ少数派だと思います。英語の勉強へのモチベーションをキープする方法として、外国人の友達を持つのはかなり有効的です。

フィリピン留学でも、韓国や台湾の学生さんも沢山いますので、彼らとも直ぐに友達になれます。

そして、フィリピン人の先生とも友達になれます。フィリピン留学はマンツーマン授業が基本となりますので、先生との距離も非常に近くなり短期でもいろいろな話ができ、卒業後もずっとFacebookなどで交流を続けている人が非常に多いです。中には卒業後も休みのたびにフィリピンに遊びにくる学生さんもたくさんいます。

外国人の友達ができれば、彼らとコミュニケーションをするための英語へのモチベーションは自然と上がり、今度はこんな事を言いたいと単語や文法も楽しく続けることができそれを直ぐに使え、自分の英語力の高さを実感できます。

以上のように1週間~2週間の短期の留学でも意味はありますので迷っているなら是非参加して頂く事をおすすめします。

フィリピン留学,メリット

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介