オーストラリア留学

フィリピン留学後のオーストラリアの留学中の宿泊方法としても最も人気があるのはシェアハウスとなります。

前回はシェアハウスについて説明しましたが、今回はそのシェアハウスの探し方を説明します。

シェアハウス詳細についてはこちらをご覧ください。

現在はインターネットで探すのが主流

昔は街中や留学エージェントの掲示板などで探すのが一般的でしたが、現在は90%以上インターネットで探すことになります。

インターネットは情報のアップデートが早く、わざわざ掲示板までいかずとも家で最新の情報を入手できるのでとても便利です。

サイトは大きく分けて日本語サイトと英語サイトの2タイプ

 

日本語サイト:主に各都市の情報サイトの1コーナーで扱われている

特徴:日本語で探せて便利だが、物件の数は英語版と比べて少なくなる。

 

英語サイト:主に不動産屋サイトの総合サイトでシェア情報が扱われている

特徴:全て英語で探すことになるが、選択肢は多い。オーストラリア全土をカバーしている。

 

日本語サイト一覧

画像をクリックすると各サイトのシェアハウス検索ページに飛びます。

①NICHIGO PRESS(日豪プレス)

対応都市:オーストラリア全主要都市

オーストラリア最大級の日本語情報サイト。政治や経済など硬派な記事を得意としている。

シェアハウス探しサイト

②Cheers(チアーズ)

対応都市:シドニー/ゴールドコースト(他都市もあるが物件数がかなり少ない)

シドニーの情報を中心に幅広いジャンルをカバーしている。

シェアハウス探しサイト

③JAMS(ジャムズ)

対応都市:シドニー

老舗シドニーの情報サイトとして手堅いサイト。

シェアハウス探しサイト

④Go豪メルボルン(ゴーゴーメルボルン)

対応都市:メルボルン

取材力が高く、メルボルンの隅々までの情報を網羅している。

シェアハウス探しサイト

⑤Dengon Net(伝言ネット)

対応都市:メルボルン

メルボルンの日本語情報サイトとして最も歴史があるサイト。永住者向けの情報も満載。

シェアハウス探しサイト

⑥パース通信

対応都市:パース

更新頻度は低めだがパースの情報を入手する際に役に立つ。

シェアハウス探しサイト

英語サイト一覧

①Domain.com.au

家賃だけでなく、ベットルームやシャワールーム数なども指定した条件検索ができる。

シェアハウス探しサイト

②Real Estate.com.au

オーナー(広告主)の顔写真も掲載されているので安心感がある。

シェアハウス探しサイト

 ③Gumtree.au

無料で広告を出す事ができるので、広告主の質(対応)が悪い事もちょこちょこあると報告がある。

その他シェアハウス以外にも売ります・買います、仕事情報なども満載のサイト。

シェアハウス探しサイト

④Flatmates.co.au

会員登録が必要だが、自分の希望する条件を細かく絞りリスト化出来るなど好みの家を大量の物件から探すことができる。

シェアハウス探しサイト

気に入った物件が見つかった後の流れ

①広告主(オーナー)に連絡をいれて部屋が空いているかを確認し、まだ空いてれば見学の予約を取る

メールアドレスが記載されている事もありますが、オーナーがメールを直ぐにチェックしない事も多々あるので、電話やSMSで連絡した方が良い。

連絡する際の会話集(電話をする際に使うフレーズ)

初めて英語でシェアハウスの見学の予約を入れるのは緊張しますが、使うフレーズは大体決まっているので何回か数をこなせばそれほど難しい事はありません。オーナーも見学の連絡は大歓迎なので、その際の対応が悪いオーナーは一緒に住むには適さないので他の家をあたった方が良いです。

下記が良く使うフレーズですので覚えて使ってください。

「○○というサイトであなたのシェアハウスの広告をみました。」

I found your share house advertisement in ○○(サイト名).

 

「あちらのお部屋はまだ空いていますか?」

Is that room still available?

 

「お部屋の見学はできますか?」

Can I visit your house?

会話では家を見に行く事をInspection(インスペクション)と言いますが、Inspectionという表現は捜査や立ち入り検査のようなイメージもあるのでオーナーに伝える際は使わない方が無難です。

 

②指定された日時に見学にいく

慣れない場所の場合で分かりにくい場所の際は駅などまでオーナーが迎えにきてくれることもあります。予約を入れてから1週間以上時間が空いた場合などは前日などに連絡を入れておくと安心ですね。

 

シェアハウスの情報は毎日アップデートされますので、今日良い物件がなくても明日はあるかもしれません。

直ぐに見つからなくても焦らず安心できるシェアハウスを探してもらえればと思います。

オーストラリア留学

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介