フィリピン留学

フィリピン留学サポート

フィリピン留学の魅力と言えばマンツーマン授業を主体とした高密度なカリキュラムが挙げられますが、その他にも欧米留学では考えられない程のサポート体制が整っておりいます。

学校のサポートは日本人スタッフや先生以外にもいろいろなスタッフさん達が学生さんをサポートしています。

意外と知られていない驚異のフィリピン留学のサポート体制をご紹介します!

①食事(キッチン)

殆どの学校でキッチンスタッフを雇っており1日3食の食事を提供してくれます。

欧米留学やワーキングホリデーでは自炊が基本となるケースが多くなっており、日々のメニューを考えたり買い出し・調理などの手間が掛かります。

もちろん外食も可能ですが毎日外食となれば1ヵ月50,000円程度は食費と掛かってしまい留学費を一気に押し上げてしまいます。

外に出かける時間(レストランまでの往復時間)も毎日の事になると1回10分と計算しても10分×30日=300分(5時間)とかなりの時間になり、自習の時間が削られることになります。

また、栄養バランスも外食だけですと偏ったものになってしまいがちです。

数年前まではフィリピン留学の食事はどこも不味い、韓国人に合わせて作るので辛くて食べられないと言うフィードバックが多かったのですが、ここ最近は日系の学校を中心に日本人の舌に合う料理を提供している学校が増えてきました。

②掃除(クリーナー)

フィリピン留学では寮の部屋の掃除もスタッフが行てくれるのが一般的です。

頻度は学校により異なりますが、週2~3回という学校が多くなっています。やはり生活面でも清潔な環境ですとより勉強に集中できますよね。特に水回りなどは気になる方も多いと思うのでスタッフが代行してくれるので安心です。

欧米のシェアハウスなどでは掃除は自分たちで行う為に、ルームメイトが掃除嫌いの場合はトラブルになることもありますが、フィリピン留学は学校のスタッフが掃除も行てくれますので、そういった心配もご不要。

③洗濯(ランドリー)

洗濯もまたフィリピン留学では殆ど学校でスタッフが代行してくれます。頻度は掃除と同じく週2~3回程度になることが多くなっています。学校によっては洗濯機が用意されており、自分で洗濯するスタイルもあります。

洗濯も洗って、乾かして、取り込んでと結構な手間がかかる仕事ですのでが、こちらも学校スタッフが代行してくれます。出した洗濯ものは大体1-2日程度でたたんで戻してくれます。浮いた時間をより有効に使える環境が整っています。

④守衛(セキュリティガード)

フィリピン留学で治安面を心配する方も多いですが、学校は24時間体制でセキュリティガードが部外者の侵入を防ぐべきゲートに常駐しています。

私たちがおすすめしている学校では強盗が入ったという話は今まで1件もありませんが、それでも万が一ということも考えてしっかりガードが皆さんの安全を守ってくれますので安心して生活することができます。

以上のように、フィリピン留学は勉強面以外でも生活の細部までサポート体制が整ており、後は勉強するだけという環境にあります。

是非このフィリピン留学で英語力を最大限伸ばして頂ければと思います。

フィリピン留学,メリット

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介