フィリピン留学

英語初級者にこそフィリピン留学

今は英語が出来ないのですがフィリピン留学はできますか?

というご質問もよく頂くご質問の1つです。

結論から言いますと

英語が出来ない人にこそフィリピン留学はおすすめです!

その理由は下記の5つ

フィリピン留学者の6割~7割は初級者

フィリピン留学に参加する学生さんの6割~7割程度は英語初級者で圧倒的に初級者が多い環境になるので、周りにも英語初級者が多く落ちこぼれるという事はありません。

もちろん、将来は欧米の大学進学を目指すような上級者の学生さんもいますが、上級者には上級者用クラス・コースが用意されているので、上級者と一緒に勉強することはありませんのでご安心ください。

 ②マンツーマン授業&少人数制授業

フィリピン留学はマンツーマン授業が基本となりますので、そもそも周りの目は気になりません。先生もあなたのペースに合わせて授業をすすめていってくれるので、着実に英語力を付ける事ができます。

グループクラスがある場合も2人~8人程度の少人数制となっており、同じレベルの学生同士アットホームな雰囲気での授業となります。欧米留学は平均1クラス15名程度であることを考えると先生も1人1人の事をしっかり把握しながら授業をすすめることができますし、質問もしやすい環境になるので特に初級者にはありがたい環境になっています。

③1日平均8時間の集中授業の濃密度カリキュラム

フィリピン留学は平均1日8時間の授業となります。宿題や復習なども含めれば1日10時間程度の勉強量にもなることも珍しくありません。

英語の勉強はその密度が非常に重要になります。同じ100時間勉強するのも、1カ月でこなすのと1年でこなすのでは同じ100時間の学習でも1カ月で勉強した方が英語力は圧倒的に伸びます。

しかも、その授業はマンツーマン授業と少人数制授業となり初級者の学生さんでも劇的に英語力を伸ばせる環境が整っています。

④全寮制で24時間体制のサポート

欧米留学も学校スタッフがサポートをしてくれますが、放課後は自分でさまざまな事を行わないといけません。

しかし、フィリピン留学は全寮制で24時間スタッフがサポートをしてくれますので、例えば夜中に突然体調が悪くなった場合でも直ぐにスタッフのサポートを受ける事ができるなど安心のサポート体制になっています。

殆どの学校で食事や洗濯も学校スタッフが担当してくれるので安心して勉強に集中することができます。

⑤フィリピン人の先生は外国人のプレッシャーが弱い

特に初級者であればあるほど、外国人を目の前にすると大きなプレッシャーを感じてしまい、本来の英語力をしっかり発揮することができません。特に白人や黒人の欧米ネイティブの先生だとその傾向はより顕著になります。

しかし、フィリピン人の先生は同じアジア人という事と南国気質特有の明るい性格があるおかげで余計なプレッシャーを感じる事無く、直ぐに肩の力を抜いて英語に集中することができます。

こちらに関しては、こちらのページで詳細を説明していますのでご覧ください。

英語がある程度しっかり出来るようになれば、欧米の先生に対してのプレッシャーも弱くなりますので、欧米留学前や仕事で欧米の人達と関わる場合などもフィリピン留学は非常に有効です。

初級者にこそフィリピン留学がおすすめです。今まで諦めていた英語力を付けるチャンスです!

フィリピン留学,メリット

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介