英語学習

楽な勉強法はない

日本の本屋さんでは英語学習の教材が数えきれないほど販売されています。

インターネット上でも英語学習関連の広告を目にすることが多いです。

おそらく、これほど英語教材が数多く出版されている国は世界広しと言えど日本くらいなものかもしれません。

教材は多いのに日本人の英語力は低い

これだけ多くの教材が多く出され続けるということは、それだけ売れているという証拠です。

しかし、それだけ英語教材が売れているにも関わらず日本人の英語力は世界的に見ても低いと言わざるをえません。

少し古いデータになりますが、2010年にTOEFLがアジア30カ国の平均点ランキングを発表しました。

1位:シンガポール 98点

2位:インド 92点

3位:フィリピン/マレーシア/パキスタン:88点

9位:韓国 81点

13位:北朝鮮/インドネシア/カザフスタン 78点

27位:日本 70点

なんと韓国や北朝鮮の遥か下のほぼブービーに近い状態です。

あなたが探しているのは楽して英語力を伸ばせる教材

あなたも英語教材をいくつも購入した経験があり、その多くを途中で止めてしまったり、その本がおすすめする勉強方法を納得はしたものの行うことが無かったというパターンではないでしょうか。

よーく自分の胸に手を当てて考えてみてください。その本を選んだ理由は「英語力を上げられる本」ではなく、「楽して英語力があげられる本」と考えたのはないのでしょうか。

責めているわけではありません。僕自身もそうだったのであなたの気持ちは痛いほどわかります。

そうなんです。多くの日本人が求めているものは「楽をして」英語力を上げる事ができる教材なのです。

「楽をして」英語力を上げられる教材は存在しないという現実

しかし、ここで非常に残念なお知らせをしなくてはいけません。

この世に「楽をして」英語力を上げられる魔法の教材は存在しません!

巷には「1日10分聞き流すだけで~」、「空き時間にちょっと勉強するだけで~」など楽な方法で数か月後には英語がペラペラになると謳う教材が数多く存在します。

しかし、断言します。

それは全部ウソです。

もちろん、効果が全く0ではありません。厳密に言えば全くやらなかったより少しでも英語に触れる事で英語力が微増することはあります。

しかし、それはあなたが期待した伸びとはかけ離れたほんの微々たる誤差のようなものです。

そんな魔法のような教材があれば既に世界に広がっている

もし、誰しもが楽をして英語力を上げられるという魔法のような教材があるのであれば、それは一瞬にして世界中に広がるはずです。

しかし、日本だけではなく、世界どこを探してもそのような教材はありません。

Amazonで長い間TOPランキングにはいるベストセラー教材であっても、結局はしっかり勉強をして身に付けなければいけないものなのです。

そして、ベストセラーとした何万冊も売れたとしても、その本の購入者がしっかり英語力を上げたかというとそれは全く別な話です。

もし、その本を読むだけで英語力が上がるならもうとっくに日本人の英語力は世界で通じるレベルになっています。

楽ではなく、楽しく勉強する方法を探そう

もしかしたらここまでの話で英語の勉強に絶望したかもれません。意思の弱い自分には一生辛い英語の勉強なんて続けられるわけがない。と思ったかもしれません。

しかし、そんなあなたに朗報があります。

世の中には楽をして英語力を上げる方法はありませんが、「楽しく」英語力を上げる方法はあります。

この方法はその人の好みや性格、環境によって変わるのでこれ!という方法はありません。

僕や周りにいる人が行っている方法をいくつか紹介します。

Facebookを英語で書く

現在全世界でFacebookは浸透しています。Facebookの友達に外国人が居る事も多いかと思いますし、自分にはいなくても友達の友達は外国人という可能性はかなり高くなります。

自分の意見や出来事を英語で書くだけで、今まで全くリーチしなかった外国人の人があなたのコメントを読み、コメントを残してくれるかもしれません。

その際に自分の英語力は低いとか間違ったら恥ずかしいとか考えるかもしれませんが、そんなことは一切考えなくてOKです。

今世界で使われている7割は非英語圏の人達が使う英語で、文法が間違っていたり、意味は通じるけど適切ではない単語が使われていることなど日常茶飯事です。

多少間違った文法でもどんどん発信して、その中で「これどうやって英語でいうのかな?」と分からない時に辞書や文法書を調べていけば良いのです。

自分が伝えたいことであれば、その単語や文法を覚えるのは苦痛ではありません。

楽しみながら英語力を上げる事ができます。

オンライン英会話をやってみる

今は数多くのオンライン英会話のスクールがあり、非常に安い金額で授業を受ける事ができます。

やはり外国人と直接英語で話すという体験を積み、それが通じた時は嬉しく、楽しい経験となります。数をこなしていけば先生とも仲良くなり、更に伝えたい事も出てくるはずです。今日会った事、日本の事、先生の国の文化などその伝えたいことは英語でなんて言うのだろう?自然に思えてきます。それを英語で言えるように単語や文法を調べるのは楽しい作業になるはずです。

そして、昨日まで言えなかったものが今日は言えるという実感が持ててモチベーションもあがります。

英会話喫茶に行ってみる

これは僕が昔実践していたやり方で、こちらのブログでも記事にしています。

詳細はこちらをご覧ください。

英会話喫茶は英会話スクールと違い、授業ではありませんが実際にFace to Faceで外国人の人と気軽に話ができる環境になっています。もちろん、英語の質問も気楽にできますし、相手も日本にいる外国人なので、日本に興味を持っている事があり、あなたの話を興味深く聞いてくれることが多いです。

ここで外国人の友達を作る事もできるので、英語に対するモチベーションも上がります。

フィリピン留学をしてみる

正直な話、英語力を上げるという事だけであれば日本にいても上級レベルまで上げる事ができます。特に今は日本に来る外国人の数も非常に多く、インターネットの普及で簡単に英語に触れ、勉強することも難しくありません。

しかし、やはりフィリピン留学という実際に外国に身を置いて勉強をするという方法は、英語に対するモチベーションが非常に上がりますし、毎日強制的に長時間授業しかもマンツーマン授業という環境に身を置く事になり、嫌でも英語の勉強をすることになります。

しかも、マンツーマン授業は先生のとの距離が近くなり、まるで友達のような関係、実際に友達になることも多く、英語でもっともっと話したいというモチベーションがグングン上がります。

周りの日本人も皆英語を勉強をしたい人しかいないので(勉強したくない人はハードなフィリピン留学には来ないので)、お互い刺激し合って英語力を上げる事ができます。

英語を勉強したいという気持ちがあれば誰でも英語は身に付けられる

もちろん、まだまだ楽しく勉強できる方法は沢山あり、他の人にはとっては難しくしてもあなたにとっては楽しいと感じる方法もあります。

ただ、このブログを読んだあなたはもう「楽して英語力をあげたい」とは思わないでください。それは教材を販売する会社を儲けさせるだけですから。

「楽をする勉強」から「楽しく勉強する」にマインドを変えた瞬間から、あなたの英語力はしっかり上がっていくこと間違いなしです。

英語力は日本語がしっかり話せる人であれば誰でも絶対に身に付ける事ができます。特別な才能も血のにじむような努力も不要です。

大丈夫、英語を身に付けたいという気持ちを持ち続ければ、あなたも必ず到達できます。

英語学習

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介