英語学習

リスニングを効率的に上げる方法

英語を勉強している人の多くがぶつかる英語学習の大きな壁の1つに「リスニング力不足」があります。

フィリピン留学でもリスニングで苦労している人が多くいます。特に入学して間もない学生さんはその傾向が特に顕著です。

リスニングは自分でコントロールができない

スピーキングやライティングであれば、自分の知っている単語で何とか言い換えも聞きますし、リーディングであれば辞書を使ったり、何度か読み直しもできます。

しかし、リスニングは相手のスピード、相手の使いたい単語で構成されるために、自分でコントロールすることがほぼ不可能です。

聞き取れない単語には2種類ある

①そもそも知らない単語

あなたの知らない単語は聞こえなくて当然です。これは必要であれば覚えれば良いだけなので、実はあまり問題ではありません。

②知っているのに聞き取れない単語

一方文字に書いたら知っている単語である場合。これは完全にリスニング力の問題となってこちらは問題です。こちらは知っている単語ですので聞えるようにしないといけません。

聞き流すだけでリスニング力が効率的に上がることはない

よく何度か聞く(聞き流す)だけでリスニング力がアップするという教材があります。

あれは効果が全くの0とは言いませんが、残念ながら購入者が期待する効果は皆無と言って良いです。

僕は何千人という英語学習者のサポートを行っていますが、聞き流すだけ系の教材でリスニング力が伸びたという人は1人も知りません。

あなたの周りにもそういう人はいないはずです。もしいたら教材の関係者と思って良いです。

もし、それで伸びるならもうとっくに世界で爆発的に売れています。

そもそもの繰り返し聞く「だけ」というやり方は効果的ではない

また、リスニングの練習は何度も同じものを繰り返し聞き慣れる事が最も効率の良いやり方であるように考えている方が多いです。

もっと言えば、そう信じている英語の先生も多いです。

最初は聞こえなかったものが10回繰り返し聞いたらたら何となく聞こえるようになってきた。

こんな経験を誰もがするかと思います。

確かに、繰り返し聞くという事はリスニングスキルを鍛える上で重要であるのは間違いありません。英語のリズムに慣れる事は重要です。

そして、繰り返し聞くことでリスニング力は上がります。

しかし、この方法だけでは効率的にリスニング力を上げる事はできません。

リスニング力を効率的に上げる方法

更に効率的にリスニング力を上げるには「単語を自分で正しく発音できるようにする」トレーニングが有効です。

聞いているだけより、自分で正しく発音できるようにするだけでその単語が聞こえるようになる時間は圧倒的に短くなります。

何度聞いても絶対に聞えない単語がある

例えば、What did you do?という文章があります。

これをCDなどネイティブの発音できくと「ワッディジュドゥー」と聞こえ「ホワット ディド ユー ドゥー」には聞えません。

これを何十回か聞いたら「ホワット ディド ユー ドゥー」に聞こえてくると思っている人が意外と多く、真剣に何十回もCDを繰り返し聞いていたりします。

しかし、例え1万回聞いても「ホワット ディド ユー ドゥー」とは聞こえてきません。

なぜなら!

ネイティブはそう発音してないから!!

逆に聞こえた方が問題です。

日本語でいえば、SATO(佐藤)さんとこちらは言っているのに、相手が何十回かきいたらSAITO(斉藤)さんに聞こえてきた!と言っているようなものです。

言ってないから!ってな話なのです。

ネイティブはそんな発音はしていないのです。

単語レベルでは、Fish and Chipsも「フィッシュ アンド チップス」ではなく「フィッシュ ン チップス」と発音しています。100回聞いても「and」は「アンド」には聞えません。

その単語がどう発音されるのかを自分で発音できるようになると、それまで聞き取れなかった単語が聞こえてきます。

この方法は良く考えれば当たり前

僕も自分で試してみたのですが、圧倒的に早く聞こえなかった単語を拾えるようになります。言われた時は眉唾だったところもあったのですが、よく考えれば、相手が言っている事(発音している音)をそのまま認識するというごく当たり前の事なんですよね。

もし、あなたがリスニング力アップで悩んでいたらこの方法を試してみてください。

聞き流しの教材なんかより遥かに高い効果を直ぐに実感してもらえるはずです。

英語学習

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介