フィリピンネタ

セブに来て気が付いた事の1つとして、フィリピンの人たちはやたらに臭いに敏感な人が多いという点があります。

制服のレンタルはあり得ない

例えば、アルバイトやパートなどの制服。日本では会社が貸しだすことも一般的にあるのですが、フィリピンでは基本購入となります。

フィリピン留学の語学学校の場合、先生は学校指定の制服があると制服は購入か学校が配布する形になるのが一般的です。短期契約の先生がいる場合もあり、そういう場合は貸し与え(レンタル)が最も効率が良いように思えますが、フィリピンでは例え洗濯をしたとしても人の臭いがついているので嫌だ。という意見が一般的なようです。

日本人より臭いについて敏感なのではないかと思います。

汗の臭い対策も重要

そして、フィリピ・セブは常夏なので昼間に5分も外を歩けば汗をかきます。汗をかけば当然汗臭くなるので、エチケットとしてデオドラント(制汗剤)を使いたい所です。

デオドラントはセブのスーパーや薬局でも複数の種類が売られているので簡単に手に入ります。いくつか試してみて周りのフィリピン人に調査を行ったところ日本でもお馴染みNIVEAのものが人気でした。

いくつか種類がありますがどれも180ペソ~190ペソ(約450円~475円)程度で購入できます。

デオドラント

しかし、これらは黒い服を着ている時に使用すると服に白い粉のラインがついてしまい、しかも手で払っても落ちず洗うまでしっかりは落ちません。

そこでおすすめなのがこちら「INVISIBLE for Black and White」こちらであれば黒のシャツを着ていても白いラインが着きません。というか全部これにすべきじゃないか?と思うのですが。。。値段も上記のものと殆ど変わりません。

また、少し匂いがするスプレーとなっていますが、その匂いがフィリピン人好みのようで「良い匂いがするけど、どこの香水使っているの?」と訊かれることもちょこちょこあります(笑)

デオドラント

その他、良い匂いのボディーシャンプーとしては下記のDOVEシリーズがおすすめです。特に赤い色のDEEP CLEANが個人的には最も良い匂いがするので一押しです。こちらも1本190ペソ程度(約475円)。

デオドラント

フィリピン留学はマンツーマン授業の際は狭い個室での授業になるので、先生の為にも臭いについて少し気を配るのが良いかなと思います。

快適な環境で快適な授業を!

フィリピンネタ

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介