英語学習

フィリピン留学を決めたものの、出発までまだ少し時間があるので、出発前にも勉強はしておいた方が良いですか?

留学準備

という質問も良く頂きます。

もちろん、時間がたっぷりある場合は出発前にもしっかり勉強して少しでも英語力を上げておくと、より高いレベルから留学を開始でき、それだけ高い位置へ到達できますのでお勧めします。

しかし、多くの方は出発前には仕事や大学などの授業がありなかなかまとまった勉強時間が取れないかと思います。

そんな方にも最低限留学前にやっておくと、留学スタート時にとっても役立つことがあります。

時間が無くても留学前に勉強しておくべきこと

それは「基本の文法用語を英語で覚える」ことです。

フィリピン留学の講師は基本的に日本語は話せず、初心者向けクラスであっても説明は全て英語で行われます。

その説明の際に文法の話は避けては通れず、日本語で言われれば瞬時に理解できることでも、例えば「形容詞」というのを英語で何というのかが分からなければ説明は止まってしまい、調べる時間など無駄な時間がどんどん過ぎていきます。

文法用語は沢山ありますが、全ての文法用語を英語で覚える必要はありません。

基本的なものだけでも覚えておくと、先生の説明が理解しやすくなり効率的な授業を実現できます。

どの程度の文法用語を覚えればいいのか。

と言っても、特に初級者の方はどれを覚えれば良いのか分からないという事も多いかと思いますので、今回は下記にピックアップしたリストを用意しました。

絶対に覚えるべき文法用語

名詞None
動詞Verb
形容詞Adjective
副詞Adverb
前置詞Preposition
接続詞Conjunction
時制Tense
現在形Present tense
過去形Past tense
現在進行形Present continuous tense
未来形Futer Tense
主語Subject
目的語Object

余裕があれば覚えておくと良い用語

単数形Singular
複数形Plural
可算名詞Countable Noun
不可算名詞Uncountable Noun
比較級Comparative
最上級Superlative
3人称Third Person
動名詞Gerund
過去完了形Past perfect continuous
肯定文Affirmative Sentence
否定文Nagative Sentence
疑問分Interrogative Sentense
命令文Imperative Sentense
「!」Exclamation Mark

まずは上記のものを覚えれば、基本的な文法の説明への理解が非常にしやすくなります。

 

基本的な文法は日本語で勉強した方が効率的

日本人の学生さんには文法アレルギーの方も少なくなく、ついつい勉強を後回しにしてしまう方が多いです。

留学まではまだ時間はあるけど、文法はフィリピンに行ってからでいいか。と後回しにしてしまう気持ちは良く分かります。

もちろんフィリピンの学校において文法そのものを学ぶことも可能です。

しかし、特に大人になってから英語を学ぶ場合は文法は日本語で学んだ方が短時間で理解でき、圧倒的に効率が良くなります。

なぜなら文法そのものを知らなければ、文法の授業では文法と英語の2段階において分からない事が重なり、学習効率が非常に悪くなるからです。

文法を勉強する上で重要なのは、英語で文法を理解するということではなく、単純に文法そのものの仕組みを理解することで、日本語で説明された方が圧倒的に理解度が高まり、習得する時間も短くなります。

例えば、「この単語は形容詞なので名詞を修飾する」という日本語で言われれば数秒で理解できる内容をそれぞれの形容詞、名詞の英語が分からなければ、辞書を調べたり何度も同じ事を先生が繰り返して質問する必要が出てくるために、数分場合によっては5分以上かかってしまうことも多く、圧倒的に時間の無駄です。

基本的な文法が全く分からないという方は、日本語の教材で良いので基本的な文法だけは出発前に覚えておくと、スムーズに授業を進める事ができ、留学の満足度が飛躍的にアップしますのでお勧めです。

文法アレルギーがある人は腰が重いとおもいますが、日本の学校で学ぶような重箱の隅をつつくような文法は無視してもらっても構いません。日常で使う文法は中学校で習う文法でも十分過ぎるレベルです。

あくまでも、出発前に勉強する文法は基礎の基礎のみでも大丈夫です。

 

留学中日本語教材は必要?

上記の理由から日本語の英語学習本を留学にも持って行く事をお勧めします。

ただし、大量に持って行く必要はありません。

必須なものは文法書です。文法の仕組みは日本語で勉強した方が圧倒的に効率的です。

文法書は種類がかなり沢山ありますが、王道の桐原書店が出版している「Forest」が文法書としては読みやすく、分かりやすいのでお勧めです。

Forest

かなり分厚い本ですが、これを頭から全部読む必要はなく、まずは辞書の様に必要な部分だけをチョイスして勉強するというもので大丈夫です。

受験のようにガリガリやってしまうと、留学前に挫折してしまうなんてこともありますのであくまでも楽しみながらやれる程度で勉強しましょう。

その他、TOEIC対策を希望する人はこちらも日本語の対策本を1-2冊持って行く事をお勧めします。

TOIEC

TOIEC対策は現地では英語で解説となるので中級程度までの方は説明を100%理解することが難しく、TOEICが盛んな日本では分かりやすく、効率の良い教材が沢山あるので自分にあった教材が必ず見つかります。

フィリピン現地で日本語開設のある教材を見つけるは非常に難しいので、ご出発前に準備されることをお勧めします。

効率的な勉強方法で、留学の効果を最大限引き出しましょう。

英語学習

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介