フィリピン留学

フィリピン留学は全寮制が基本です。掃除、洗濯、食事全部学校スタッフが行ってくれるという大変ありがたい環境です(一部学校を除く)。

そして、その中で食事は留学の満足度に直結すると言っても過言ではないとっても重要なポイントになります。

フィリピン留学食事

食事は毎日の事でココが満足できないと、しっかり食べられず空腹感により勉強に集中できなかったり、ちょっとしたことにもイライラとストレスを抱えてしまうからです。

旅行に行った際に、観光名所は今一だったけど食事がとても美味しければ全体的な満足度はプラスになるので「食事はおいしかたし、まああれはあれで面白ったよね。」となりますし、逆に名所はとても良かったのに食事が美味しくなければ「あの旅行は食事がね・・・」となってしまいがちです。

食事は人間の3大欲求の1つ食欲を満たす行為で脳のつくりからしても非常に重要です。

特に留学という数週間から数か月に渡る長期滞在では、その重要さは旅行より更に大きくなります。

ですから、学校選びにおいてもこの料理というポイントも重要視することが留学を成功させるポイントにもなります。

今回はそのフィリピン留学の学校の食実について説明します。

食事のクォリティーは学校によって大きく異なる

一言で食事といっても、その内容は学校によって大きく異なります。分かり易ものでは日本人が殆どいない学校は、殆どが韓国人の学生さんとなるので食事は韓国式となります。

毎回辛いスープに、辛いキムチなど日本人には厳しいと言わざるを得ません。

また、これは食文化の違いになる為に学校側としては多くの学生を占める韓国人に合わせるのは当たり前なので、食事改善の希望を出してもまず変わりません。

食事が口に合わなくて殆ど外食していのたで、留学費用が跳ね上がってしまったという話も聞きます。

最近は、日本人の留学生も増えてきた為に韓国系の学校も食事を改善しつつありますが、韓国人の学生が多い事には変わりないのでそのバランスを取るのがまだ難しいようです。

では日系ならどこでも大丈夫かということで、それもまた一概には言えません。もちろん日系の学校は学生さんの多くが日本人になるので日本人の口に合わせた食事を提供する傾向になりますが、限られた予算の中で、フィリピン人スタッフを使って日本人の口に合う料理を作るのはかなり難しいです。

ですので、学校がしっかり食事に取り組んでいることが必須となります。どの学校もホームページでは美味しい食事と謳っていますが、実際にしっかり管理されている学校ばかりではないという事に注意が必要です。

学校によっては食事を提供頻度が異なる

学校によっては、食事は朝食のみ提供するという学校もあります。この場合ランチやディナーは外食となります。

セブには美味しいレストランが沢山あるので、食事に困る事はありません。むしろ自分の好きなものを選べる点でメリットがあります。

しかし、下記に2つのデメリットがありますので注意が必要です。

①費用がかさむ

生活費が安いセブでも我々外国人が行くお店は地元では高級店とされ居酒屋レベルでも夕食であれば400ペソ-700ペソ(1,000円~1,750円)はかかります。

3ヶ月留学でれば、食事代だけで10万~15万円程度かかってしまうこととなり、予算に余裕がある学生さんは問題ありませんが、余裕がない学生さんにとっては大きな痛手となります。

学校選びの際は授業料だけではなく、食事の頻度も含めて予算を組むことが重要です。

 ②移動が面倒

毎日外食となると、その移動も面倒に感じる事があります。もちろん、タクシーで移動が基本になるので疲れる事はありませんが、夕方や雨が降ればタクシーは捕まえにくいですし、近所のレストランでもスコールなどの時はずぶ濡れになるか、止むまで待つことになり不便さを感じます。

もちろん、学校の食事はレストランではないのであくまでも給食として考えるべきで、豪華なものが出てくることはありませんので過度な期待は禁物です。

しかし、留学本来の英語力アップのためのしっかり授業に集中できる環境が整っている学校を選ぶ事が留学を成功させるカギになります。

フィリピン留学,学校選びのポイント

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介