英語学習

外国人の友達が欲しい!

僕がオーストラリア留学から日本に戻ってきた後の話。

日本では英語を話す機会は殆どないので、折角そこそこ話せるようになった英語を忘れてしまわないように外国人の友達を作りたいと考えました。

friends

しかし、当時の僕は日本には欧米人はおろかアジア人の友達も1人もいませんでした。。。

もちろん、英会話学校に通うという選択肢もあったのですが、留学でほぼ全財産を使い果たしており授業料を捻出できませんでした(苦笑)。

そこで、何とかあまりお金をかけずに外国人と出会える方法を探しました。

英会話喫茶(カフェ)との出会い

すると「英会話喫茶」なるものが東京の高田馬場にあるのを発見!その名は「ミッキーハウス」

なんでも、ここの喫茶店は外国人のお客さんが多く、彼らと英会話を楽しむことができるとのこと。

日本人は入場料(当時は1,000円だったような)を払えば時間無制限でコーヒーと紅茶は飲み放題というシステムでした。そんな喫茶店があるのを知らなかったのでかなり興味をそそられました。

しかし、当時のここのWebサイトはかなり適当な作りで、胡散臭かったのを覚えています(笑)

でも家も近いし、料金も格安だから騙されたと思って1回行ってみようということで早速行く事にしました。

一見さんにはややハードルが高い?

お店は駅から徒歩数分の所にありますが、雑居ビルの中にあり、看板に明らかにパチもんとわかるミッキーマウスが描かれておりこれまた胡散臭かったですが、意を決して入るとマチャアキ(堺正章さん)そっくりなマスターが笑顔で迎えてくれました。

店内はさほど広くはなく、開店して直ぐの時間帯だったので僕の他には日本人のお客さんが2名いるだけでした。

マスター曰く「この時間はまだお客さんは殆どいないけど、あと1時間もすれば結構沢山人がくるよ。ただ内は外国人スタッフはいないので外国のお客さんがどれくらい位くるかはその日次第。凄い多い日もあれば殆どいない日もたまにあります。でも全く来ないという事はないし、気楽に楽しんでいったよ」とのこと。

そして、楽しんで行ってよと言われたものの店内には謎の日本人(僕もそうですが)が3人バラバラにいるだけでどう楽しんだらいいのやらという状態でした。

ですが、コーヒーをすすっている内にお客さんがちらほら来出して1時間もすると確かに外国のお客さんもグループで数名入ってきました。

ただ、ここの外国の方々は単なるお客さんでスタッフではないので、普通にビールなど飲み始め自分たちだけで英語で話し始めました。とてもいきなり「Hello」といって入っていくに勇気は僕にはありませんでした。

とりあえず、様子をみるかと思いコーヒーをすすり続けていると、どんどん日本人や外国人のお客さんが入ってきました。するとどこからともなく「Hi. Miyuki~」なだと親しげに声をかける姿もあちこちから聞こえてきました。

どうも常連になっているお客さんが結構いることがわかりました。そしてあちこちで日本人と外国のお客さんとで英語での会話が始まりました。お店としては良い雰囲気だと思うのですが、初参戦の僕にはアウェー感が半端ではなく、「困ったなあ。こんな感じでは全く話しかける隙がない。。。」と、もう十分過ぎる位すすり続けたコーヒーを更にすすり続けていると、マチャアキ(マスター)が「お、ここのスペースに座りなよ。ココいいですよね!」と、英会話が盛り上がっているテーブルにスペースを作ってくれました!

流石はマチャアキ!エンターテナーだな。と勝手に感心をしたのを覚えています(笑)

テーブルでは英語での会話になるので、やはり外国のお客さんが中心になって会話が進んでいました。会話の内容は仕事の話しやレストランの話など、カジュアルなものでした。

日本人の方が人数的に多いうので外国人1人につき日本人が3-5名程度と言った感じで、日本人の英語は上級者から、初級者まで幅広くいるという感じでした。ここはお酒も購入できるのでお酒が入ってくると皆さんやはり饒舌になってきますね。僕はあまりお酒が飲めないのとお金がなかったのでひたすらコーヒーでしたが(笑)

しかし、初回から結構英語を話す機会が時間がもて、かつ常連さんも多いことが分かったので1回ここで知人を作ってしまえば、次からは結構スムーズに会話に入れることがわかりました。

それから、暫くの間僕はここに通い続けて英語を話すチャンスを得る事ができました。

ここは学校ではないので、英語を勉強するというよりは覚えたことを使う場という認識の方があっていました。外国のお客さんも先生ではなく、いろいろな仕事をしてる一般のお客さんなので。

留学の前後に行ってみるのがお勧めです!

進化するミッキーハウス!

そして、今10年以上ぶりにミッキーハウスのWEBサイトをみてみたら、なんとかなりパワーアップしており、現在は外国人スタッフが毎日いるようです。そして、英語だけでなくドイツ語、ベトナム語、ロシア語、フランス語など多言語に対応しているようです。

外国人の観光客も物凄い勢いでふえていますので今は更に盛り上がっているのではないかと思います。また、外国人スタッフもいるとのことで、僕が通っていたよりも初めての方にとっても簡単に英語を話せる環境にあると思われます。

またミッキーハウス以外も都内や他の都市にも英会話喫茶(カフェ)はあるので、興味のある方は近所にないか探してみてくださいね。

まだ、ミッキーハウスにマチャアキはいるかな。。。

ミッキーハウス

 

英語学習

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介