学校訪問記

南フィリピン大学(USPF)の附設語学学校「USP ESL」に見学にいってきました。

本日学校見学を担当して頂いたUSPの日本人スタッフの都地 志保さん。

いつも笑顔でセブせの生活も長く、とっても頼りになる方と地元でも有名な日本人の一人です。


シティー中心部より車で10分程行った場所に大学が大きなキャンパスを構えており、その中にキャンパスがあります。

校庭もあり、この日は年末だったので大学生は居ませんでしたが普段はサッカー部やバスケ部など練習をしていたり、大学生も沢山いるようです。

 

希望者は大学生のクラブやサークルにも参加することもでき、ボランティア活動なども気軽にでき地元の大学せとも気軽に交流ができる魅力の語学学校です。

キャンパスはこちらの大型のビルディングの最上階のフロアにあります。


校舎内はTHE大学の校内といった作りになっていて、懐かしさを感じました。

こちらは図書館の入口。この日は年末でしまっておりましたが、普段は開いているので語学学校の学生も使うことができます。


こちらが語学学校部門の入口と受付デスク。
 
入口から入ると直ぐに目に付く「English Only」の張り紙。せっかく英語を勉強しにきているのでやはりできるだけ英語で話してほしいですからね。大事なポイントです。

マンツーマンクラスが並ぶ廊下。USPは各部屋にはドアはなくカーテンで仕切られています。

隣の音などが邪魔にならないのかなと最初思ったので、学生さんに訊いてみたのですが、先生との距離も近いし全然気になりませんよ。と笑顔で答えてくれました。確かに先生が真隣にいますからね!なるほど、納得です。

次に図書スペースと多目クラスを見せてもらいました。

 

色々な試験対策の本などが沢山おかれており休み時間などはココで勉強もできますし、奥の部屋では常に無料オプションのクラス(IELTSやCNN/映画/ナショナルジオグラフィックなど)が開催されており、休み時間も勉強したい方は丸々1日勉強ができるという環境が揃っています。ガッツリ勉強したいという方にもお勧め

そして、続いて学生寮の見学へ。

USPの学生寮は大学のキャンパスから徒歩1-2分程離れた場所にあります。通学路はこのような感じ。のどかで良い感じです。

寮の入口にはしっかり警備員が居て安心です。

中に入るとそこまはまさに村のようになっており、ゆったりとした時間が流れる素敵な環境になっていました。

個人的には一番気に入った学生寮ですね。
 

 
もちろん、プールや卓球、ビリヤードスペースも完備されています。
 
中心に白い歴史を感じる建物があるのですが、なんとこの建物戦時中日本軍の司令部として使われていたという歴史的建造物。そう聞くと急に気が引き締まったりします(笑)

戦後は小学校に使われ、その後USPの寮施設として利用されてういるとのことです。内部は特に階段は映画に出てくるような感じです。

 
建築に詳しい方がくると、これは凄い!と興奮する人もいらっしゃるんですよ。

戦争と聞くとお化けがでるんですか?と訊かれる方もいらっしゃいますが、まだ1回も出たという話はありません(笑)

と志保さん。

こちらは1階にある食堂。ココで昔の日本軍の人もご飯を食べたのかな?とか想像したり。。。

階段を上ると、TOEICクラスがありました。TOEICは人気が高いのでこの教室で毎日対策レッスンが開かれています。

 

もちろん自習室もあります。

また最近はUSPは人気が高まって教室数が足りない時もでてきたので、こちらに新しい教室を増設したとのこと。

淡いグリーンで落ち着きのある作りになっています。また寮の中にあるので、「こっちで受けたい!」という学生さんが多いとか(笑)


先生がいらしゃったので、少し話を伺ってみたところ、「日本人の学生さんはシャイな方が多いですが、まじめな学生さんも多いので教え甲斐がありますね。だからリラックスしてもらえる環境作りに努めています。」とのこと。フィリピン人の先生は本当にフレンドリーな方が多いので緊張は直ぐになくなりますね。

確かに、オーストラリアでも日本人の学生さんは最初の1-2週間は緊張してしまってあまり話さないという状況も結構あるのですが、ここではマンツーマンで話さないわけにはいきませんし、先生も同じアジア人なので親しみやすく直ぐに慣れますね。ココもフィリピン留学の大きなメリットだとお思います。

最後に学生さんの為の掲示板を見たのですが、そこに面白いものがありました。


囚人ダンス見学ツアー!

昔何かのテレビでも見たのですが、この囚人ダンスは現在は観光地のひとつになっており、フィリピンの人は基本的にダンスが大好きなので、刑務所の中でのダンスの練習などは良いストレス発散になり、しかも発表する場があるということで皆真剣にやるので、そのレベルはかなり高いものになっているようです。

まさに所変わればですね。本当は見学に行きたかったのですが、日程が合わず断念。次回来るときはこちらもレポートしたいですね。

魅力の学生寮を持つUSP ESL。地元大学生との交流も気軽にできて、有料で大学の聴講も可能とあり、英語だけでは物足りないという方は是非挑戦をしてみてください。そのたビジネス英語や地元企業でのインターンシップの手配を行っているという幅の広い留学プランに対応できる学校です。

もちろん、志保さんがしっかりサポートしてくれますので現地生活も安心できるお勧めの学校です!


★USP ESLキャンパスの詳細や料金などはこちら★

学校訪問記

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介