学校訪問記

フィリピンの語学学校でNo1の規模を誇る大型校のSMEを訪問してきました。

SMEは2012年7月にクラシック、スパルタに続く第三キャンパス「キャピタルキャンパス」を新たにオープンさせました。

こちらのキャンパスでは一般英語とTOEIC対策コースを開講しています。今までのクラシックキャンパスはIELTSコース専門のキャンパスになります。

今回もここではお馴染みのSMEの日本人スタッフの渡部大輔さんに案内をして頂きました。

キャンパスはセブ市の中心の便利な所にあります。外観もとても立派で僕のカメラでは全貌が写しきれません(笑)
収容人数約300名とあり巨大です。

エントランスを入るとそこは広い玄関スペースとなっており広々としており、目の前にはSMEのロゴの看板が目を引きます。

入口左手には売店があります。中はコンビニのように広く品揃えも豊富です。日本の「どんべい」や「ペヤングソース焼きそば」もありました。特に長期留学をしていると日本のこういうものが食べたくなることも多いのでこれはありがたいですね!

 

こちらは食堂です。訪問した時間がお昼前でしたので準備中でガランとしていましたが、大型校だけあって、とても広いです。
またメニューも1週間のものが張り出されており色々とバリエーションに富んだものが用意されていました。最近は日本の学生さんも
50%を上回ることも多くなったので日本人の口にもあうメニューがだいぶ増えてきたようです。

確かに、食事は毎日のことなので特に長期留学の方には重要なポイントです。日本人が少ない学校にいってしまうと食事などは
韓国式のみになってしまうことも多いので、フィリピン留学では日本人が多い学校というのもお勧めです。
 

こちらはレセプションです。綺麗な照明が目をひきます。
学校の延長手続きや寮で困ったことなどがあるときなど気軽に直ぐに相談できるようになっています。
渡部さんにはひっきりなしに学生さんやスタッフから連絡がはいりとても忙しいそうです。

こちらは教室前廊下です。スペースも十分にとられていて広々して良い感じです。ソファーには空き時間に談笑している学生さんの姿がありました。1日11時間授業の中のしばしの息抜きの時間です。

圧巻はシアタールーム!ここでオリエンテーションや映画鑑賞などがおこなわれているようです。いやあとても立派ですね
ちなみに肘掛の部分にテーブルが収納されていますのでオリエンテーションなどの時はメモもとれます。
流石はSME!
 

続いて教室を案内してもらいました。新築なので教室などもとってもきれいですね。
 

休憩中の先生がいましたので、日本人の学生さんについて話を聞いてみました。

「最近は、日本人の学生さんが本当に増えてきましたね。日本人の学生さんは文法などは結構できていることがありますが、スピーキングは最初は弱いので、マンツーマンレッスンでしっかり伸ばしていければと思って授業をしています。最初は英語を話すことを恥ずかしいと思う人がいるようですが、授業はリラックスした雰囲気で余計な肩の力を抜いて受けてもらえるようにしているので直ぐに英語を話すということへの抵抗は直ぐになるなりますね。英語はやはり話さないと上達はしませんのでどんどん話す機会を作っていければと思っています。特にSMEは1日11時間の超集中授業を行っているのでその効果はとても高いですよ」とのこととです。
そうですね。まずはゆっくりでも、単語だけでも話してみることが重要ですね。恥ずかしがらずにどんどん英語を話して英語のハードルを下げることがまずは重要ですね。

こちらはマンツーマンの授業を行っている教室です。本当に先生が真横にいて常に対話形式で授業が進むので、例えライティングの授業でしっかり先生と会話をする時間があるのでスピーキング力は伸びていきますね!またマンツーマン授業は自分の弱いところ、伸ばしたいところを指定して勉強することが出来き、ペースも完全に自分に合わせることができるのでその効果は非常に高いですね!
 

こちらはグループレッスン、毎時間違った内容の授業が行われており、このときはビジネス英語レッスンが行われていました。
日本でも就職の際には英語は武器になれますし、その必要性はますます大きくなるばかりで学生さんも真剣です。ビジネス英語以外にもスピーチ&ランゲージクラスやムービークラスなど複数のグループレッスンが用意されています。
 

SMEには自習室もしっかり用意されています。夜中までここで勉強して部屋には寝に帰るだけという方もいらっしゃるようです。
エアコンもバッチリ効いていて静かな環境ですので勉強に集中できます!夜は利用者も多いとのことで学生さんの真剣さが伝わってきます。

スポーツジムも設置されています。今はまだ機材が少ないですが、今後順次マシンを増やしていく予定とのこと。
勉強で疲れた頭を体を動かしてリフレッシュできます。

続いて同じ建物内の寮スペースへ移動しました。吹き抜けで太陽光を沢山取り入れるつくりになっていいます。どこかの大型マンションのようでその規模に驚かされました。

流石はフィリピンTOPの大型校という感じですね!

寮のお部屋の2人部屋部屋と3人部屋を見させていただきました。新築とあり、設備も綺麗ですね。

3人部屋は少し狭い印象をうけますので、部屋には寝に帰るだけという人にお勧めですね。キャピタルキャンパスは1人部屋~4人部屋までが用意されています。
 

その他SMEはゴルフ練習クラスもあり、キャンパスから車で15-20分程の場所に打ちっぱなしのセンターとも契約をしています。
早朝の英語クラスの代わりにゴルフの練習をすることもでき、希望者は毎日学校の車でこちらまできます。送迎は学校の車を利用するので移動も楽です。もちろん放課後練習することもできます。もちろんゴルフのレッスンは英語で行われますのでゴルフを通して英語を学ぶことができます。ゴルフはクラブも握ったことがないという方でも参加できますので、この機会にゴルフを始めるという学生さんも少なくないようです。

こちらのセンターは設備が充実しており、バーや韓国レストラン設備もありますのでゴルフの練習の後はこちらでくつろぐこともできます。
 

また、汗をかいたあとは、お風呂まで用意されています。訪問時には利用されているお客さんがいたので中は見ることが出来なかったのですが、日本の銭湯のようになっているとのことです。いやあ驚きの充実度ですね!

最後にこちらの韓国レストランで渡部さんお勧めのイチゴシェイクをご馳走になりました。70ペソ(約130円)とお手ごろ価格で、熱帯のセブではひときわおいしいかったです!!

フィリピン留学は今年より日本でも人気が出ており、現在本当に沢山の本気で英語力を伸ばしたい学生さんが勉強しにきています。
数年前までは、観光半分で行かれる学生さんが大半でしたが、現在は本気でこの留学にかける!海外の大学に進学するので、その英語力をつける為!という本格派留学がふえて、その就学期間も半年留学するかたもかなり増えてきました。

その熱い学生さんの希望に応えられる学校は、限られているのでやはりSMEのようなしっかりした体制の学校選びが重要です。

 


★SMEキャピタルキャンパスの料金などはこちら★

学校訪問記

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介