フィリピン珍道中日記

仕事柄フィリピンには年間3-4回は行くのですが、その度にいろいろと変化していることがあります。

ここ1-2年でもショッピングセンターがあちこちに出来ていたり、昔は殆どの20ペソ紙幣はボロボロでしたが最近は半分以上は綺麗なお札になってきたりと発展しているなと感じる事があります。

先日セブに行く途中マニラ空港でターミナル間の移動をしました。マニラ空港のターミナル間の移動は時間がかかる事が多いので厄介です。移動方法は主にメータータクシー、クーポンタクシー(定額)、シャトルバスがあります。

一番安く移動するにはやはりシャトルバスです。料金は1回どのターミナルに行っても20ペソ(約40円)ととても安いです。

しかし、このシャトルバスが曲者で普通のワンボックスで本当にこれが空港シャトルバスなんだろうか?とかなり怪しい代物でした。慣れれば気にならないのですが初めての場合は乗るのを躊躇してしまうこともあるかなと。
こんな感じです。↓↓

それが今回行ったら、なんと大きなしっかりしたバスになっていました!

これなら初めての方も安心です。横にもAirport Shuttleの文字も見えますし(昔は何も書かれていなかったのでかなり胡散臭かったです(笑))。

フィリピンの発展をこんな所でも感じました。スーツケースなどはドライバーor車掌さんがトランクに入れてくれます。
内部も普通のバスで綺麗でした。

内部前方には大きな手荷物を持ち込んだ人用にシートがない広いスペースもありました。
設備が新しくなったので、料金も上がったのだろうな。果たしていくらかなと思っていたら、なんとお値段据え置きの20ペソ!

因みに乗車すると直ぐにドライバーから下の写真にあるような半券(?)のようなものを渡され暫くすると車掌さんが料金を徴収しに回ってきます。この際に高額紙幣だとおつりが無いという事も起こるので小額紙幣を準備していくことをお勧めします。

素晴らしい!これなら安心して何度でも利用できますね!(笑)

フィリピン珍道中日記

この記事を書いた人

石原 智之

石原 智之

2006年にオーストラリアにワーキングホリデーで渡り、留学カウンセラーとなり3,000人超えの留学サポートを行う。2009年よりフィリピン・セブ留学手配を開始し、2013年にオーストラリア永住権取得。現在セブ島に常駐して、フィリピン・オーストラリア留学カウンセリング、現地サポートを担当。 » スタッフ紹介